野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 観客増えたら約1.2億円のボーナス!? メジャー昨季打点王のオモシロ契約

観客増えたら約1.2億円のボーナス!? メジャー昨季打点王のオモシロ契約

今オフFA市場の目玉の1人とされていたエドウィン・エンカーナシオン内野手が、昨季のリーグ覇者インディアンスを3年契約を結んだ。4年目にはチームが選択権を持つオプションが付き、オプションが行使されない場合に補償される500万ドル(約5億8500万円)のバイアウトを含めると、契約の総額は6000万ドル(約70億2100万円)に上るという。だが、米スポーツサイト「ファンラグスポーツ」のジョン・ヘイマン記者によると、この契約には面白い条件で発生するボーナスがついているという。

深刻な入場者減に悩むインディアンスが画期的な契約を提案

 今オフFA市場の目玉の1人とされていたエドウィン・エンカーナシオン内野手が、昨季のリーグ覇者インディアンスを3年契約を結んだ。4年目にはチームが選択権を持つオプションが付き、オプションが行使されない場合に補償される500万ドル(約5億8500万円)のバイアウトを含めると、契約の総額は6000万ドル(約70億2100万円)に上るという。だが、米スポーツサイト「ファンラグスポーツ」のジョン・ヘイマン記者によると、この契約には面白い条件で発生するボーナスがついているという。

 3年総額6000万ドル。一見すると、よくある大型契約に見えるが、実は興味深いボーナスが付いていた。ヘイマン記者は「エンカーナシオンはインディアンス本拠地観客動員が200万を超えるとボーナスがもらえる。観客動員ボーナスは毎年100万ドル(約1億1700万円)」とツイート。昨季ア・リーグ打点王にはチームの勝利の他に、観客動員数アップの期待がかけられていることを明かした。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」公式サイトによれば、エンカーナシオンは500万ドルの契約ボーナスに加え、今季1300万ドル(約15億2100万円)、18年は1700万ドル(約19億9000万円)、19年は2000万ドル(約23億4000万円)を手に入れる。だが、本拠地での観客動員が200万人に達すれば、毎年100万ドルずつ上積みされるというわけだ。

人気記事ランキング