野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷翔平の進化はゲームも超越!? 「パワプロ」でDH解除できず苦笑い

大谷翔平の進化はゲームも超越!? 「パワプロ」でDH解除できず苦笑い

日本ハムの大谷翔平投手が8日、都内で行われたコナミの「パワプロフェスティバル2016決勝大会」に出席。昨季、リアル二刀流で大活躍を見せた右腕はこの日行ったゲームの対戦で自身を指名打者解除できず、苦笑いを浮かべた。

コナミ関係者「機能がない。今後、対応していきたい」

 日本ハムの大谷翔平投手が8日、都内で行われたコナミの「パワプロフェスティバル2016決勝大会」に出席。昨季、リアル二刀流で大活躍を見せた右腕はこの日行ったゲームの対戦で自身を指名打者解除できず、苦笑いを浮かべた。

 ソフトバンク・川島慶三内野手、福田秀平外野手と共にパ・リーグ代表として、セ・リーグ代表の中日・平田良介外野手、広島・松山竜平外野手、巨人・西村健太朗投手と「パワプロ」で対決。3イニング制で行われたゲーム内で大谷は自身を「3番・指名打者」で先発出場させ、6点リードで迎えた最終回の3回にマウンドへ上げようとしたが、ゲームの設定上できず、しぶしぶ楽天・松井裕樹投手を起用した。

 ゲーム内の大谷は打撃で初回1死一塁で阪神・藤浪晋太郎投手から左中間二塁打。初回の大量4得点を演出すると、2回は1死二、三塁から四球を選び、この回3点を呼び込んだ。高い能力を見せ、パ・リーグ代表の7-4での勝利に貢献。ゲーム後、大谷はガッツポーズを作り、「すごく楽しかったです。ナイスゲームでした」と喜んだ。

人気記事ランキング