野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 先発か中継ぎか…復活狙う斎藤佑に立ちはだかる壁 ハイレベルなハム投手陣

先発か中継ぎか…復活狙う斎藤佑に立ちはだかる壁 ハイレベルなハム投手陣

今季の復活が期待される日本ハム斎藤佑樹投手。開幕前に先発一本での勝負を目指した昨季は3年ぶり勝ち星なし、防御率4.56と不本意な成績に終わり、今季は「監督に言われた場所で1試合でも多く投げるようにしたい」と先発、中継ぎにこだわらずに1軍定着を目指している。

20160215_saito

先発は大谷、有原、高梨が確定、残り枠を巡る厳しい争い

 今季の復活が期待される日本ハム斎藤佑樹投手。開幕前に先発一本での勝負を目指した昨季は3年ぶり勝ち星なし、防御率4.56と不本意な成績に終わり、今季は「監督に言われた場所で1試合でも多く投げるようにしたい」と先発、中継ぎにこだわらずに1軍定着を目指している。

 栗山英樹監督から「球場を支配する力を持っている」と評される斎藤。昨季リーグトップのチーム防御率3.06を記録した日本ハム投手陣の中で、どのポジションが最適か。チームの投手陣事情から探っていきたい。

 まずは先発投手。二刀流・大谷翔平(10勝4敗、防1.86)、有原航平(11勝9敗、防2.94)、昨季新人王に輝いた高梨裕稔(10勝2敗、防2.38)の3人は先発ローテーション入りが確実視される。昨季中に守護神から先発転向した増井浩俊(10勝3敗、防2.44)は抑えに再転向する意向で、エース左腕の吉川光夫(7勝6敗、防御率4.19)は巨人へトレード移籍。だが、先発の残り2、3枠は激しい争いとなりそうだ。

 昨季成績ではメンドーサ(7勝8敗、防3.88)、加藤貴之(7勝3敗、防3.45)が一歩リード。斎藤が先発として再起を図るなら、その2人に加え、インディアンス3Aから獲得した村田透、中村勝、浦野博司、新垣勇人、15年ドラフト1位の上原健太らに勝負を挑むこととなる。

人気記事ランキング