野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 15年のキャリアに幕 現役続行を模索も…楽天後藤が引退を決断した瞬間とは

15年のキャリアに幕 現役続行を模索も…楽天後藤が引退を決断した瞬間とは

昨オフ、楽天から戦力外通告を受け、現役を引退した後藤光尊氏が10日、Koboパーク宮城で引退会見を行った。15年間の現役生活を「悔しいことの方が多かった」と振り返りつつ、「1本のヒットを打つために積み重ねてきた努力は誇り」と話した。今後は球団のベースボールスクールのジュニアコーチとして、第二の野球人生をスタートさせる。

後藤の引退会見一問一答

 昨オフ、楽天から戦力外通告を受け、現役を引退した後藤光尊氏が10日、Koboパーク宮城で引退会見を行った。2001年のドラフト会議でオリックスから10位指名されてプロ入り。13年オフに鉄平とのトレードで楽天に移籍し、昨年10月に戦力外通告を受けるまで通算1361試合に出場し、打率.269、1265安打、95本塁打、476打点をマークした。

 同11月のトライアウトに参加したが、獲得球団はなく、ユニホームを脱ぐ決断を下した後藤氏。15年間の現役生活を「悔しいことの方が多かった」と振り返りつつ、「1本のヒットを打つために積み重ねてきた努力は誇り」と話した。今後は球団のベースボールスクールのジュニアコーチとして、第二の野球人生をスタートさせる。

 後藤氏の引退会見での一問一答は以下の通り。

「昨シーズンをもちまして、15年間の現役生活に終止符を打つことになりました。15年間、様々な人に支えられ、長いことやることができまして、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に15年間、ありがとうございました」

――率直な気持ちは?

「昨年10月に戦力外となり、トライアウトを受けて、なんとか現役続行の道を模索したのですが、そこまで至らなかったので寂しい気持ちです」

――引退を決断したきっかけや後押しは?

「模索する中で、1週間くらいがリミットと聞いていました。それを過ぎてからは次の道を探そうと考えていたんですけれども、立花社長から『また一緒に働かないか』と言っていただいたので、そこで引退を決断しました」

――プロ15年間、振り返ってみると?

「悔しいことの方が多かったですね。1本でも多くヒットを打ちたいという気持ちの積み重ねで15年間やってきました。数字から見れば大したことないのですが、1本のヒットを打つために積み重ねてきた努力は誇りに思います」

人気記事ランキング