野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神ドラ1大山の打撃に高評価 掛布2軍監督が絶賛するポイントは

阪神・掛布雅之2軍監督が13日、兵庫・鳴尾浜球場で行われた新人合同自主トレを視察した。ランニング、キャッチボール、ノックを終えた新人8選手とガッチリ握手を交わすと室内練習場に移動。ドラフト1位・大山悠輔内野手(白鴎大)の打撃を絶賛した。

20160212_阪神

掛布2軍監督が新人合同自主トレ視察

 阪神・掛布雅之2軍監督が13日、兵庫・鳴尾浜球場で行われた新人合同自主トレを視察した。ランニング、キャッチボール、ノックを終えた新人8選手とガッチリ握手を交わすと室内練習場に移動。ドラフト1位・大山悠輔内野手(白鴎大)の打撃を絶賛した。

 大山の打撃を初めて生で目にした掛布2軍監督は「バッティングがすごく素直でバランスがいい。この時期なら十分。これからもっと力強く振ってくるし楽しみ。この時期であれば十分。遠くに飛ばせる感じはするよね」と和製大砲に期待を込めた。

 昨年は高山が新人王を獲得するなどドラフト1位の看板に偽りない活躍を見せた。球団は2年連続で野手を1位指名。将来的には生え抜きで中軸を固める構想を抱いている。左の高山、右の大山と順調に成長していけば他球団の脅威になるのは間違いない。

 掛布2軍監督は昨年の高山と大山を比べ「高山は対応力すごくあった。大山は遠くに飛ばすという部分がある。右の大砲と言われるようなバッター。かといってタイミングを崩された対応も、マシン(打撃)でずれても対応していく。柔らかさがある」と評価。すでに沖縄・春季キャンプで1軍スタートが内定している大山は「言って頂けるのは有り難いことで自信になる。1、2、3段階と上げていって、それ以上を求めて練習していきたい」と力を込めた。

 チームにとっては待望の和製大砲候補なだけに大山にかかる期待は大きい。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング