野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

165キロ大谷に肉薄 ホークス和田の“遅くて速い直球”がスゴイ

5シーズンぶりに日本球界に復帰し、昨季15勝で最多勝を獲得したソフトバンク・和田毅。12年の左肘のトミー・ジョン手術を乗り越えた左腕は35歳を迎えてなお、衰えを見せることがない。そんなベテランについて興味深いデータがある。

140キロでも空振り率は150キロ剛腕抑えてパ規定投球回トップ

 5シーズンぶりに日本球界に復帰し、昨季15勝で最多勝を獲得したソフトバンク・和田毅。12年の左肘のトミー・ジョン手術を乗り越えた左腕は35歳を迎えてなお、衰えを見せることがない。そんなベテランについて興味深いデータがある。

都市対抗野球大会でノーヒットノーランの快挙 日通同期バッテリーが秘める日の丸への思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 それは「パ・リーグTV」が集計した「パ・リーグ投手の球種別空振り率」のデータ。規定投球回に到達した投手で、和田はストレートの空振り率が1位にランクしている。総投球数は2600球でストレートは1366球。うち146球が空振りで、空振り率は10.7%にあたる。

 この数字、驚異的と言っていいだろう。和田のストレートといえば、常時140キロ前後で130キロ台を計測することもある。規定投球回に3イニング届かなかった日本最速165キロの日本ハム・大谷は11.2%だから、わずか0.5%しか変わらない。

 さらに、続く西武・菊池(7.7%)、楽天・則本(7.4%)と150キロ超の剛球を操る投手が続くが、3%以上の差をつけている。決して速くない球速で、速球派を上回る空振り率を誇る和田の数値は、ひときわ異彩を放っている。

 なぜ、和田は140キロでも空振りが取れるのか。チェンジアップやカーブなど多彩な変化球で緩急をつけることもあるが、一番は投球フォームだろう。

人気記事ランキング