野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 前日本ハム・バース メジャー評価高めた、日本での「2つの成長」とは

前日本ハム・バース メジャー評価高めた、日本での「2つの成長」とは

日本ハムの10年ぶり日本一の立役者となったアンソニー・バース投手が、日本での「2つの成長」を生かし、メジャー復帰を目指している。

日本で先発14試合「先発もできるとメジャー球団に示せた」

 日本ハムの10年ぶり日本一の立役者となったアンソニー・バース投手が、日本での「2つの成長」を生かし、メジャー復帰を目指している。「アンソニー・バースは海外で過ごした1シーズンがメジャーリーグ復帰の助けになることを願っている」と報じたのは、デトロイトの地元紙「デトロイト・フリー・プレス」だ。

 バースといえば、マリナーズからFAとなった昨季、日本ハムに移籍。14試合に先発したほか、中継ぎ、抑えを問わずフル回転で8勝をマークすると、日本シリーズでは救援ながら3勝を挙げ、日本一に大きく貢献した。

 記事では、日本でのシーズンをバース自身の言葉で振り返っている。

「日本に行くという決断は、僕と僕のキャリアにとって最高の関心事だったんだ」

 優勝旅行先のハワイから戻った右腕はこう語った上で、日本での経験がメジャーにおける自らの価値を高めた側面を明かしたという。

「僕がリリーフも先発もできるとメジャー球団に示すことができるようになった。特に、このオフの先発投手市場はやや薄いと知って、いい立ち位置に自分自身を置けるようになった」

 記事によると、複数のメジャー球団から興味を持たれ、春季キャンプの招集を求められているという。来日前年はレンジャーズで33試合に登板し、中継ぎとして投げ続けただけに、先発適性を示したことが評価に影響しているようだ。

人気記事ランキング