野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 胃がん切除の広島・赤松が退院を報告「日常生活は何とか出来そう」

胃がん切除の広島・赤松が退院を報告「日常生活は何とか出来そう」

昨年末に胃がんを患っていることを公表した広島の赤松真人外野手が16日、自身のブログで退院したことを報告した。

20170116_akamatsu

周囲の励ましに「本当に感謝」

 昨年末に胃がんを患っていることを公表した広島の赤松真人外野手が16日、自身のブログで退院したことを報告した。

 赤松は今月5日に広島市内の病院でがん切除手術を受け、1、2週間の入院と運動再開まで1、2か月を要する見通しが発表されていた。

 同日、自身のブログで「退院しましたぁ!」と報告した34歳は「まだ痛みが残るものの日常生活は何とか出来そうです! いつもは体を動かしていたので、ゆっくりすることに慣れず暇があれば散歩をしています!」と現状を綴った。

 また「これから不安になることがあるかもしれませんが、常に前だけを見てやっていきたいと思います! 様々な方から声をかけていただき本当に感謝です! この気持ちを忘れず頑張ります!」と回復に向けて前向きな姿勢を見せている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング