野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス、サムスンから韓国人研修コーチを受け入れ ファームに帯同へ

ソフトバンクは16日、韓国サムスン・ライオンズの陳甲龍(チン・ガビョン)氏(42)を研修コーチとして受け入れると発表した。背番号は「020」となる。

元選手の陳甲龍氏、現役時代には通算1445安打をマーク

 ソフトバンクは16日、韓国サムスン・ライオンズの陳甲龍(チン・ガビョン)氏(42)を研修コーチとして受け入れると発表した。背番号は「020」となる。

 研修期間は春季キャンプから2軍公式戦終了まで。基本的にはファームでの研修となる。ホークス2軍バッテリーコーチのサポートや、ファームのチーム全体のサポート、コーチの指導方法やトレーニング方法などの研修を行うという。

 同氏は現役時代、斗山ベアーズ、サムスン・ライオンズでプレー。KBO通算1823試合出場で1445安打、154本塁打、753打点、打率.276をマークしている。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング