野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • POで日本人対決“頻発”? MLB戦力トップ10に日本人所属5球団ランクイン

POで日本人対決“頻発”? MLB戦力トップ10に日本人所属5球団ランクイン

米スポーツ専門局ESPNの敏腕記者として知られるバスター・オルニー氏が今季のメジャー球団の戦力を分析し、上位10チームを発表した。昨季108年ぶりの世界一に輝いたカブスが1位に選ばれたのをはじめ、日本人所属球団は5チームがランクイン。今年はプレーオフ(PO)で日本人対決が“頻発”するかもしれない。

昨季108年ぶり世界一のカブスは1位、マリナーズは「2001年以来最高」?

 米スポーツ専門局ESPNの敏腕記者として知られるバスター・オルニー氏が今季のメジャー球団の戦力を分析し、上位10チームを発表した。昨季108年ぶりの世界一に輝いたカブスが1位に選ばれたのをはじめ、日本人所属球団は5チームがランクイン。今年はプレーオフ(PO)で日本人対決が“頻発”するかもしれない。

 上原浩治投手が加入したカブスは、今季もワールドシリーズ制覇の最有力候補と見られている。記事の寸評に日本人右腕の名前は出てこないが、「カブスは信じられないほど野手とブルペンに深みを持っている」と分析。その他のポジションに比べると、先発ローテーションがやや弱いとしながらも、「若くて発展途上の若手が多くいるため、103勝を挙げた2016年よりも優れているかもしれない」としている。

 昨季、リーグ優勝決定シリーズでカブスに敗れたドジャースは5位に選出された。寸評では、クレイトン・カーショー、リッチ・ヒル、前田健太、フリオ・ウリアスが計110試合で先発できれば、5年連続の地区優勝に大きく近づくと指摘。29年ぶりのワールドシリーズ制覇はなるだろうか。

 今オフ、積極補強を行っているマリナーズは6位。オルニー記者は「少しずつ、1つ1つ、GMのジェリー・ディポトはロースターをアップグレードしてきた」と言及している。フェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志が中心となる先発ローテーションにも、ヨバニ・ガヤードらを補強した。マリナーズが最後にプレーオフ進出を果たしたのは、MLBタイ記録のシーズン116勝を挙げた2001年。イチロー外野手(現マーリンズ)が新人王とMVPをダブル受賞する活躍を見せた年だ。記事では「2001年以来で最高のチームかもしれない」と結論づけている。

人気記事ランキング