野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュが「目玉選手」 今季終了後のFA市場、先発投手の陣容は「B+」

MLB公式サイトが今季終了後にFAとなる選手の特集記事を掲載し、日本人投手2人の名前が注目選手として挙げられた。レンジャーズとの6年契約が切れるダルビッシュ有投手は「目玉」の一人として登場。さらに、2014年からヤンキースと7年契約を結びながら、今季終了後に契約を破棄してFAになれるオプトアウトの権利を持つ田中将大投手も「ワイルドカード」として紹介されている。

MLB公式サイトが今季後のFA特集 ダルが「目玉」、田中は「ワイルドカード」

 MLB公式サイトが今季終了後にFAとなる選手の特集記事を掲載し、日本人投手2人の名前が注目選手として挙げられた。レンジャーズとの6年契約が切れるダルビッシュ有投手は「目玉」の一人として登場。さらに、2014年からヤンキースと7年契約を結びながら、今季終了後に契約を破棄してFAになれるオプトアウトの権利を持つ田中将大投手も「ワイルドカード」として紹介されている。

 特集は、FAになる選手を列挙し、ポジションごとに「グレード(等級)」をつけるというもの。「先のことを考えて早すぎるということはないから――そして以下に述べる名前の多くは2017年のトレード候補も兼ねるだろうから――次の冬に(それぞれの守備位置の)等級がどうなるか、その強み、弱みから見ていこう」として、A~Fで“査定”しているが、ダルビッシュや田中がいる先発投手部門は「B+」で最も評価が高かった。

 ダルビッシュの名前は、2015年のナ・リーグのサイ・ヤング賞右腕ジェイク・アリエッタ(カブス)の次に挙げられている。

「ユウ・ダルビッシュはもう一人の目玉選手だ。トミー・ジョン手術で2年を失った今、31歳のシーズンに突入する彼は最高のシーズンを送るだろう。ダルビッシュは昨年わずか100回1/3しか投げていない」

 寸評では、このように説明。ダルビッシュは長いリハビリを乗り越え、昨年5月に復帰。トミー・ジョン手術を受けた選手は、復帰2年目以降に最高の状態を迎えるとも言われており、今季は大きな期待が集まっている。好成績を残してFAとなれば大争奪戦に発展することは必至で、大型契約を手にする可能性は高い。

人気記事ランキング