野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 2年目の前田健太は「より強力に」 番記者が予想「ドジャースを飛躍させる」

2年目の前田健太は「より強力に」 番記者が予想「ドジャースを飛躍させる」

メジャー2年目を迎えるドジャース・前田健太投手への期待が高まっている。広島からポスティングシステム(入札制度)で海を渡った昨年は、2012年のダルビッシュ有(レンジャーズ)に並んで日本人投手の1年目最多となる16勝(11敗)をマーク。怪我人続出の中で先発ローテーションを唯一守り、32試合に先発した。

20161015_maeda2

米メディアが更なる飛躍を予想する特集記事を掲載

 メジャー2年目を迎えるドジャース・前田健太投手への期待が高まっている。広島からポスティングシステム(入札制度)で海を渡った昨年は、2012年のダルビッシュ有(レンジャーズ)に並んで日本人投手の1年目最多となる16勝(11敗)をマーク。怪我人続出の中で先発ローテーションを唯一守り、32試合に先発した。

 シーズン後には新人王投票で3位に入った日本人右腕の2017年シーズンについて、ESPNは「より強力なマエダがドジャースを飛躍させる」とのタイトルで特集を組んだ。その中で、ドジャース番のダグ・パディーヤ記者は更なる活躍を予想している。

 記事は、昨年10月のプレーオフを振り返る記述からスタートしている。「2016年ドジャースのプレーオフについて考えてみると、最も興味深いのはケンタ・マエダのパフォーマンスである」。ドジャースの4年連続地区制覇の原動力となった前田だったが、プレーオフでは3試合に登板して計10回2/3しか投げられなかった。ナショナルズとの地区シリーズでは、第3戦に登板して3回5安打4失点で敗戦投手に。カブスとのリーグ優勝決定シリーズでは、第1戦で4回4安打3失点、第5戦で3回2/3を3安打1失点でいずれも勝敗はつかず。ドジャースはここで敗退した。

「ナショナルリーグ・チャンピオンシップで勝ち進めなかったのは、前田だけの責任ではない。ブルペンは不安定で、第3戦での6得点は別として、打撃も振るわなかった」

 記事では、このように振り返りながら、特にリーグ優勝決定シリーズの2度の登板で結果を残せなかったことを指摘。前田が先発した2試合でドジャースはいずれも8失点(4-8、4-8)を喫して敗れたことにも触れ、「彼は計7回2/3を投げ、4得点を許した。カブスは、より多くの点を稼いだ可能性があり、懸念すべきことではない。しかし、ブルペン陣は彼の先発2試合で計9回1/3を投げなければならず、崩壊してしまった」と分析している。

人気記事ランキング