野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「思いは今も続いている」―西武・菊池雄星が抱くメジャーへの「夢」

今季プロ8年目を迎える西武・菊池雄星。2015年の9勝(10敗)に続き、2016年は12勝(7敗)を挙げて自身初となる2桁勝利を記録した。今季は楽天にFA移籍した岸孝之に代わる先発ローテの柱としての期待も大きい。最速157キロを計時する25歳左腕の動向には、複数のメジャー球団が関心を寄せているが、菊池自身も「ずっと夢見ていたのがメジャーリーガー(になること)だった」と興味を隠さない。

201670118_kikuchi

西武には15年オフに思いを伝えた菊池、「今行っても活躍できるとは、まったく思ってない」

 今季プロ8年目を迎える西武・菊池雄星。2015年の9勝(10敗)に続き、2016年は12勝(7敗)を挙げて自身初となる2桁勝利を記録した。今季は楽天にFA移籍した岸孝之に代わる先発ローテの柱としての期待も大きい。最速157キロを計時する25歳左腕の動向には、複数のメジャー球団が関心を寄せているが、菊池自身も「ずっと夢見ていたのがメジャーリーガー(になること)だった」と興味を隠さない。

 周知の事実と言えば、周知の事実だ。2009年、花巻東高の3年生だった菊池が、日本でプロ野球に進むべきか、夢だったメジャーリーガーになるため海を渡るべきか、大きな岐路に立っていたことは、広くメディアで報じられた。国内かメジャーかを決めるために、ドラフト会議前に日本12球団+メジャー8球団と面談。18歳の心で悩みに悩んで、日本でプレーする決意をし、ドラフト会議では6球団競合の末、西武に1位入団した。それでも、いつかメジャーでプレーしたい、という夢は消えたわけではない。幼い頃からの夢は、プロ野球選手になった今も抱き続けている。

「単純に小学生が『将来何になりたい?』って聞かれた時、『プロ野球選手になりたい』って答えるのと一緒。僕は小さい頃からの夢が、メジャーリーガーになることだった。その思いが今も続いているって感じですね」

 2015年オフの契約更改時に、球団には改めて夢を持ち続けていることを伝えた。

「わがままなんですけど、球団には伝えさせてもらいました。ただ、今(メジャーに)行っても活躍できるととは、まったく思ってない。当然そこにはクリアしないといけない壁が山ほどある。今のままだと厳しいというのは分かった上で、純粋に目標にしているだけなんです」

人気記事ランキング