野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 殿堂入りへ有資格1年目の強打者、将来的な選出確実のイチローが“物差し”に!?

殿堂入りへ有資格1年目の強打者、将来的な選出確実のイチローが“物差し”に!?

2017年度の米国野球殿堂入り選手は現地時間18日(日本時間19日)に発表される。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属している記者による投票で、75パーセント以上の得票を集めた名手が栄誉を手にすることになる。米メディアの殿堂入り特集では、ドミニカ共和国出身のスラッガー選出に向けての“物差し”として、マーリンズのイチロー外野手の名前が登場している。

20170108_Guerrero

19日に殿堂入り選手発表、有資格1年目のゲレーロ氏は選出なるか

 2017年度の米国野球殿堂入り選手は現地時間18日(日本時間19日)に発表される。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属している記者による投票で、75パーセント以上の得票を集めた名手が栄誉を手にすることになる。米メディアの殿堂入り特集では、ドミニカ共和国出身のスラッガー選出に向けての“物差し”として、マーリンズのイチロー外野手の名前が登場している。

 米地元紙「ワシントン・ポスト」電子版は「カート・シリング、バリー・ボンズら、物議を醸す野球殿堂入りの問題」との見出しで、候補者12人の選出の可否について特集を組んだ。その中で、今年殿堂入りの有資格1年目を迎えた元外野手のブラディミール・ゲレーロ氏について「彼の時代に最も恐れられた打者」と言及している。

 ゲレーロ氏の殿堂入りを後押しする実績は少なくないという。打撃では歴代24位の.533という長打率を残した。さらに、初めて規定打席に到達した1998年から11年連続で打率3割以上をマークし、100打点以上も10度記録。2002年には39本塁打、40盗塁と「40-40」に迫り、エンゼルス時代の2004年にはMVPにも輝いた。記事ではさらに、守備についても「偉大な守備的右翼手とみなされてはいないが、史上最高の強肩の持ち主の1人」と送球について絶賛している。

 その一方で、指標においては殿堂入りへのハードルも存在するという。四球率8.1は「取るに足らない」とされ、OPS+というセイバーメトリクスの指標については「キャリアでわずか140、歴代76位タイ」と厳しく評価している。得点力の大きさを表すOPS+は100が平均で、ゲレーロの数値は歴代76位に留まっている。

人気記事ランキング