野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米メディアがWBC優勝候補に日本選ぶ 大谷は「地球上最強のMLB無所属選手」

3月6日に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、各代表チームが戦力を固める中、米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」が特集を組み、今大会の優勝候補とダークホースをそれぞれ4チームずつピックアップした。日本はドミニカ共和国、プエルトリコ、アメリカ合衆国に並び、優勝候補の一角に数えられている。

日本は「過去3大会すべてでメダルを獲得した唯一のチーム」

 3月6日に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、各代表チームが戦力を固める中、米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」が特集を組み、今大会の優勝候補とダークホースをそれぞれ4チームずつピックアップした。日本はドミニカ共和国、プエルトリコ、アメリカ合衆国に並び、優勝候補の一角に数えられている。

侍ジャパンに置きたい「代打の切り札」 “天才”代打師が明かす1打席の「心得」とは(前編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 特集では「現時点で参加が決まっている選手を元に戦力分析」し、優勝候補4チーム、ダークホース4チームを選出。優勝候補の筆頭には、前回優勝のドミニカ共和国が挙げられ、続いて日本が紹介されている。

 第1、2回大会優勝の日本は「3大会すべてでメダルを獲得した唯一のチーム」だとし、「2013年の銅メダル以上の成績を狙っている」と紹介。現時点では、アストロズ青木宣親外野手が唯一代表入りしたメジャーリーガーだが、「地球上最強のMLB無所属選手であり、22歳の二刀流、大谷翔平」を擁するロースターは「WBC出場経験を持つ選手も多く、層が厚い」と分析している。

 さらに、マリナーズ岩隈久志、ドジャース前田健太、ヤンキース田中将大の3投手がロースター入りする可能性にも触れ、「彼らがローテーションに加われば、日本が金メダルを獲得する可能性が上昇するだけ」とリポート。メジャーリーガーなしでも日本が持つポテンシャルの高さを指摘している。

人気記事ランキング