野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「もう若手ではない」8年目、西武・菊池雄星が本気で考えるモデルチェンジ

日本プロ野球界で、いや、メジャーリーグに目を向けても、左腕で150キロ以上の速球を投げる投手は稀だ。西武・菊池雄星投手は、そんな特別な能力を持つ1人だ。ストレートは自己最速157キロを計時。スライダー、チェンジアップ、カーブを駆使しながら、昨季は自身初となる2桁勝利(12勝7敗)を記録し、防御率(2.58)ではロッテ・石川(2.16)に次ぐリーグ2位の成績を残した。前年の2015年は9勝10敗、防御率2.84。期待されながらも、なかなか結果を出せずにいた左腕が、ジワリジワリと本領を発揮し始めている。

20170119_kikuchi2

西武を離れた先輩たちに学んだ「信頼感」

 日本プロ野球界で、いや、メジャーリーグに目を向けても、左腕で150キロ以上の速球を投げる投手は稀だ。西武・菊池雄星投手は、そんな特別な能力を持つ1人だ。ストレートは自己最速157キロを計時。スライダー、チェンジアップ、カーブを駆使しながら、昨季は自身初となる2桁勝利(12勝7敗)を記録し、防御率(2.58)ではロッテ・石川(2.16)に次ぐリーグ2位の成績を残した。前年の2015年は9勝10敗、防御率2.84。期待されながらも、なかなか結果を出せずにいた左腕が、ジワリジワリと本領を発揮し始めている。

「最低限でも2桁。今年は15(勝)行きたいなって思いますね」というプロ8年目。菊池は“宝刀”の剛速球を前面に押し出したスタイルで打者に挑みかかるのかと思いきや、意外なことをつぶやいた。

「もうそろそろ力だけじゃなくて、モデルチェンジというか、試合を作れるピッチャーになることを、本気で考えて取り組んでいかないといけないと思うんです」

 昨季まで先発ローテの柱的な存在だった岸孝之が楽天にFA移籍。例年以上にチームやファンが菊池に寄せる期待は大きい。「岸さんが本当に偉大だったんで、僕一人で、とは思っていない。全員が自己ベストを1勝でも更新してカバーできれば」と話すが、岸、そして2014年に西武からロッテに移籍した涌井秀章の後ろ姿を見て、考えさせられたことがある。

「岸さんや涌井さんが投げている時は、2、3点入ると、みんなが『今日は勝つんだろうな』という雰囲気になった。そういうピッチャーが理想ですよね。僕はまだ2、3点あっても、簡単に先頭に四球を出したりしてバタバタさせてしまう。中継ぎの方を休ませられるような、野手の方に安心感を与えられるようなピッチャーになりたいんです。チームの信頼感を得るためにも、試合を作る能力にこだわっていきたいと思いますね」

人気記事ランキング