野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 1次Rに強敵揃いで韓国ピンチ!? イスラエルがメジャー組招集でA組は“混沌”

1次Rに強敵揃いで韓国ピンチ!? イスラエルがメジャー組招集でA組は“混沌”

今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で“台風の目”となりそうなのがイスラエル代表だ。昨年9月の予選ではイギリス、パキスタン、前回大会出場のブラジルと同じ「4組」を勝ち抜き、本大会初出場を決めた。MLB公式サイトは、本大会では多くのメジャーリーガーがイスラエル代表として参戦する可能性があると分析。1次ラウンドでは韓国らと同じA組に入ったが、サプライズを起こすかもしれない。

MLB公式サイトが特集、初出場のイスラエルもメジャーリーガー招集で戦力充実?

 今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で“台風の目”となりそうなのがイスラエル代表だ。昨年9月の予選ではイギリス、パキスタン、前回大会出場のブラジルと同じ「4組」を勝ち抜き、本大会初出場を決めた。MLB公式サイトは、本大会では多くのメジャーリーガーがイスラエル代表として参戦する可能性があると分析。1次ラウンドでは韓国らと同じA組に入ったが、サプライズを起こすかもしれない。

WBC2大会連続出場の松田宣浩が抱く決意「世界一になって世界一のリーグに」(前編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 MLB公式サイトの戦力分析では、イスラエル代表のピーター・カーツ監督がすでに15選手の招集を決めたと紹介。その中には、昨季メジャーデビューを果たしたメッツのタイ・ケリーが含まれているという。28歳の三塁手は昨年、39試合出場で打率.241の成績を残している。

 その他に現在FAの選手も含まれており、サム・フルド外野手(前アスレチックス)、アイク・デービス内野手(前ヤンキース)、ジェイソン・マーキー投手(前レッズ)らメジャー経験の豊富なプレーヤーもいる。守備に定評のあるフルドはメジャー通算227盗塁を誇り、デービスは2012年にメッツで32本塁打を放った強打者。38歳の右腕マーキーはメジャー通算377試合登板で124勝(118敗)をマークしている。また、現在マイナーリーグ所属の選手の中には、元レッドソックスのライアン・ラバーンウェイ捕手(アスレチックス傘下)らの名前もある。

 さらに、記事ではドジャースの若手外野手のジョク・ピーダーソン、インディアンスのジェイソン・キプニス内野手、マリナーズのダニー・バレンシア内野手、FAのクレイグ・ブレスロー投手らもチームに加わる可能性があると指摘している。

人気記事ランキング