野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ジョーンズ、トーミ、松井…18年も名選手が新たに米野球殿堂入り候補に

ジョーンズ、トーミ、松井…18年も名選手が新たに米野球殿堂入り候補に

2017年の米国野球殿堂入り選手が18日(日本時間19日)に発表され、ティム・レインズ(エクスポズ他)、ジェフ・バグウェル(アストロズ他)、イバン・ロドリゲス(レンジャーズ他)が選出された。来年も新たに多くの名選手が殿堂入り資格(引退から5年)を手にする予定で、米データサイト「Baseball-Reference.com」が名前を挙げている。

20170119_jones

今年は3人が新たに殿堂入り、引退から5年で2018年に資格を取得する選手は?

 2017年の米国野球殿堂入り選手が18日(日本時間19日)に発表され、ティム・レインズ(エクスポズ他)、ジェフ・バグウェル(アストロズ他)、イバン・ロドリゲス(レンジャーズ他)が選出された。来年も新たに多くの名選手が殿堂入り資格(引退から5年)を手にする予定で、米データサイト「Baseball-Reference.com」が名前を挙げている。

 殿堂入りには、全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属している記者による投票で75%以上の得票が必要。今年は、バグウェルが有資格7年目で381票(86.2%)、レインズは有資格最終年の10年目で380票(86.0%)、そしてロドリゲスは有資格1年目で336票(76.0%)を獲得した。

 一方で、“ステロイド時代”の象徴ともされるロジャー・クレメンスは239票(54.1%)、バリー・ボンズは238票(53.8%)で落選。今季から独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知で現役復帰することになったマニー・ラミレス外野手(インディアンス他)は有資格1年目で105票(23.8%)と、こちらも薬物規定違反による2度の出場停止処分が響いた形だ。一方、歴代2位の通算601セーブを誇るトレバー・ホフマンは有資格2年目で327票(74.0%)、エクスポズやエンゼルスで活躍した通算449本塁打のブラディミール・ゲレーロは有資格1年目で317票(71.7%)と、いずれでも薬物問題と無縁ながら届かなかった。

人気記事ランキング