野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが確率75%で2位 米野球殿堂に史上初めて満票選出される選手は?

イチローが確率75%で2位 米野球殿堂に史上初めて満票選出される選手は?

米スポーツメディアの「スポーティング・ニュース」は「誰が最初の満場一致の殿堂入り選手となるか」と題した特集記事を掲載。満票で殿堂入りする選手の候補として、イチローが2位に選ばれている。

20161014_ichiro

米メディア予想、イチロー満票での米野球殿堂入り可能性は「75%」

 2017年の米国野球殿堂入り選手は、ティム・レインズ(エクスポズ他)、ジェフ・バグウェル(アストロズ他)、イバン・ロドリゲス(レンジャーズ他)の3人が選出された。バグウェルは有資格7年目で381票(86.2%)、レインズは有資格最終年の10年目で380票(86.0%)、そしてロドリゲスは有資格1年目で336票(76.0%)を獲得。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上所属している記者による投票で75%以上の得票を集めた者が許されるクーパーズタウン行きのチケットを手にした。

 米野球界の最高の栄誉である殿堂入りは狭き門。有資格1年目での選出は真のスーパースターの証で、初年度で75%の票を集めることは極めて難しい。そんな中で、過去最高の得票率は昨年のケン・グリフィー・ジュニアの99.3%となっており、まだ満票で選出された選手はいない。

 米スポーツメディアの「スポーティング・ニュース」は「誰が最初の満場一致の殿堂入り選手となるか」と題した特集記事を掲載。満票で殿堂入りする選手の候補として、イチローが2位に選ばれている。

 記事では「1936年以降、これまでに満票で米国野球殿堂入りを果たした選手は存在しない。ベーブ・ルース、タイ・カッブ、ケン・グリフィー・ジュニアでさえも実現しなかった」と紹介。そして、「果たして、満票選出となる候補選手は誰なのか?」として、得票率100%での殿堂入りとなる可能性がある人物を挙げている。

 筆頭に挙げられているのが、2014年限りで現役を引退した元内野手のデレク・ジーター氏だ。ヤンキース一筋で現役時代を過ごし、偉大なキャプテンとして名門球団を5度のワールドシリーズ制覇に導いただけでなく、歴代6位の3465安打と抜群の個人成績も誇る。

人気記事ランキング