野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「自分らしく」全力疾走のロッテ荻野貴司 新背番号「0」に込めた思い

「自分らしく」全力疾走のロッテ荻野貴司 新背番号「0」に込めた思い

「自分らしく」。ちゅうちょなく、そう書き込んだ。1月13日。荻野貴司外野手は千葉市の幸町第三小学校を訪問した。校長室に通されると大きな紙に「子供たちに一言、書いていただけませんか?」と要望された。だから、自身が小学校の時から胸に刻んでいる言葉を力強く書き込んだ。

小学校訪問で書き込んだ文字「子供たちにも『自分らしく』生きてほしい」

「自分らしく」。ちゅうちょなく、そう書き込んだ。1月13日。荻野貴司外野手は千葉市の幸町第三小学校を訪問した。マリーンズは2015年より地域・野球振興の一環として千葉県内各教育委員会と連携し、球団OBや選手を小学校に派遣。ベースボール型授業の特別講師を務めたり、児童と給食を共に食べるなどの触れ合う企画を積極的に展開している。この日は、荻野がその役割を担っていた。校長室に通されると大きな紙に「子供たちに一言、書いていただけませんか?」と要望された。だから、自身が小学校の時から胸に刻んでいる言葉を力強く書き込んだ。

「ボクは小学校の時、背が低くてクラスの中でも小さい方から数えて三番目ぐらいでした。一番小さかった時もあったかもしれない。その中で、『自分らしく』という言葉を胸に日々を過ごしていました。子供たちにも『自分らしく』生きてほしいと思います」

 決して野球エリートではなかった。体が小さかった小中学校時代。パワー面では圧倒的に不利で、力の差を感じた。中学校では一時、練習に通わなくなった時期もあった。ただ、「自分らしく」という原点に立ち返った時、どんなに身体的な差があり壁にぶち当たっても「野球が好き」という事実が最後には浮かんできた。体が小さい分、足は誰よりも速かった。だから、さらに自分らしく、それを磨こうと誓った。

人気記事ランキング