野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • オランダ代表SBバンデンハークがWBCに意欲「2013年以上の成績を残せる」

オランダ代表SBバンデンハークがWBCに意欲「2013年以上の成績を残せる」

オランダ代表の先発ローテを支えるのが、日本ではおなじみソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。アジア野球を熟知する右腕が、オランダ王立野球・ソフトボール協会の公式サイトで、WBCに懸ける思いを語っている。

オランダの地元メディア「バンデンハークは大きな強み」

 2013年の第3回WBCでベスト4入りを果たしたオランダ代表。3月6日から始まる第4回大会でも、米メディアの中には“優勝候補”の一角に推す声もある。そんなオランダ代表の先発ローテを支えるのが、日本ではおなじみソフトバンクのリック・バンデンハーク投手だ。アジア野球を熟知する右腕が、オランダ王立野球・ソフトボール協会の公式サイトで、WBCに懸ける思いを語っている。

 2009年の第2回WBCにオランダ代表として出場したバンデンハークは、1次ラウンドのプエルトリコ戦、2次ラウンドのアメリカ合衆国戦で登板。だが、先発したアメリカ戦では黒星を喫し、チームも2次ラウンドで敗退する悔しさを味わった。4強入りした2013年は、韓国への移籍1年目だったために不参加。それだけに、今年の第4回大会にかける思いはひとしおだという。

 昨年11月、オランダ代表は侍ジャパンと強化試合を行ったが、そこで露呈したのが「投手力の不足」だった。記事では「バンデンハークの代表入りは大きな強みだ」と指摘。2015年にソフトバンク入りして以来、16勝3敗、防御率3.14の実績を残していることはもちろんだが、日本と韓国以外にもメジャー、マイナー、プエルトリコと世界各地の野球を経験していることが大きい。

人気記事ランキング