野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷翔平、WBCで印象に残るシーンはイチローV打とダル驚異スライダー

大谷翔平、WBCで印象に残るシーンはイチローV打とダル驚異スライダー

3月に行われる第4回WBCの侍ジャパンメンバーに選出されている日本ハムの大谷翔平投手が20日、WBCに向けて着実に前進している様子を見せた。

20170120_ohtani3

ここまでの調整は順調、初ブルペンに「思ったより良かった」

 3月に行われる第4回WBCの侍ジャパンメンバーに選出されている日本ハムの大谷翔平投手が20日、WBCに向けて着実に前進している様子を見せた。

 同日はWBCメンバーの西武・秋山翔吾外野手とともに都内で行われた「J SPORTS 開局20周年プレス発表会」に出席。同局はWBCの本戦全39試合、侍ジャパン壮行試合、強化試合をすべて生中継することが決まっており、会見は侍ジャパン選手の壮行も兼ねて行われた。

 大谷はここまでの調整について「12月いっぱいくらいはフィジカル面、1月からはスキルのトレーニングに変わってきた」と振り返り、同日、今年初めてブルペン入りしたことについても「思ったより良かった。久しぶりに傾斜を使って投げたんだけど、まずまず良かった」と手応えを示した。

 オフ中にはレンジャーズのダルビッシュ有投手と合同自主トレを実施。筋力トレーニングだけでなく、栄養に関する知識、栄養摂取のタイミングについても学んだという。3月7日のキューバ戦が初戦となるWBCに向け、例年よりも前倒しの調整となるが、ここまでは順調にきている様子だ。

 日本は1次ラウンドでキューバ、オーストラリア、中国と同組となっており、初戦で当たるキューバについては「身体能力が高い。走ってもそうだし投げる打つに関しても身体的な部分が高い。特に打力は当たればすごい打球を飛ばすバッターが多い」と印象を語った。

人気記事ランキング