野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

古巣への感謝、初の移籍、イチローとの共闘…田澤純一が激白「やるしかない」

2009年にメジャーの門を叩いた田澤純一は、この8年でさまざまな経験を積んだ。マイナーリーグでの下積み、メジャー昇格の喜び、メジャーにとどまる厳しさ、先発、セットアッパー、クローザー、右ひじ手術、ワールドシリーズ優勝…。今オフ、この綿々と続く“経験済リスト”に新たに加わった項目がある。フリーエージェント(FA)だ。

20170120_tazawa

初めてのFAも希望条件はなし「獲ってくれるところがあれば、どこでもいいです」

 2009年にメジャーの門を叩いた田澤純一は、この8年でさまざまな経験を積んだ。マイナーリーグでの下積み、メジャー昇格の喜び、メジャーにとどまる厳しさ、先発、セットアッパー、クローザー、右ひじ手術、ワールドシリーズ優勝…。今オフ、この綿々と続く“経験済リスト”に新たに加わった項目がある。フリーエージェント(FA)だ。

 8年を過ごしたレッドソックスとの契約が終わり、初めてFA権を取得。所属チームを持たずにオフを迎えた。「基本的にはエージェントに任せていたんで、自分ができることは、次のシーズンに向けてしっかり準備をすることだけだった」という右腕は、日本に帰国後、例年と変わらず古巣JX-ENEOSのグラウンドで自主トレに励んでいた。時折、自分の去就に関するニュースを見かけても、自分の話と実感が沸かず「『へえ、そうなんだ』って感じでしたね(笑)」と振り返る。それというのも、田澤が初めて代理人を務めるネズ・バレロ氏からオファーの数と内容を聞いたのは、12月のウインターミーティング終了直後だった。

「12月8、9日くらいですね。そこで総括したオファーを初めて見せてくれた。それからエージェントと相談して、彼の勧めるマーリンズに決めました。僕はエージェントを信じて任せているので、彼がいいって思うんだったら、間違いないだろうと。

 最初に代理人から、西海岸とか東海岸とか、勝てるチームがいいとか、何か希望はあるかって聞かれたんですけど、僕はもう『獲ってくれるところがあれば、どこでもいいです』って伝えていたんです。リーグや場所にもこだわりはなく、まずオファーがなかったら何も始まらないと思ったので。僕をちゃんと評価してくれて、エージェントも信頼を置けると思う球団に行くつもりでした」

 マーリンズには「若くていいチーム」という印象を抱いているという。ただし、対戦したのは2015年のインターリーグで2試合だけ。チームが変わり、リーグが変わり、文字通り“新天地”に飛び込むわけだが、そこには「楽しみ」しかないようだ。

「全然違うところに行くので、知らない部分や初めて見て感じる部分があると思うんです。それが楽しみですね。知っている人がいないから不安だとか、そういうことはない。自分がやることをやるしかないですから。行ってみて、自分がそこにどうやって適応していくかだと思います」

人気記事ランキング