野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

73歳中日寮長が語る“いい選手の資質” 2年目の小笠原は「今季2桁勝つ」

中日の選手寮「昇竜館」の館長兼野手育成コーチを務める松岡功祐さん(73)は2015年、26年ぶりにプロの世界に復帰した。そんな松岡さんに、「昇竜館」の館長になったきっかけや、選手たちに伝えていること、昨年のドラフト1位小笠原慎之介、今年のドラフト1位で明大の後輩にあたる柳裕也ら中日の若手投手陣について聞いた。

明治大コーチ時代に関係者から“スカウト”、26年ぶりにプロの世界へ復帰

 中日の選手寮「昇竜館」の館長兼野手育成コーチを務める松岡功祐さん(73)は2015年、26年ぶりにプロの世界に復帰した。明大を卒業後、社会人のサッポロビールを経て1966年にドラフト1位で大洋に入団。ショートとして活躍した。77年に引退後、79年から89年までコーチを務め、その後は横浜のスカウトとして数々の選手の獲得に携わった。

 球団が提携を結んでいる中国のプロチーム、天津ライオンズにも派遣され、コーチに就任。2011年からは母校、明治大学でコーチ兼寮長を務めた。そんな松岡さんに、「昇竜館」の館長になったきっかけや、選手たちに伝えていること、昨年のドラフト1位小笠原慎之介、今年のドラフト1位で明大の後輩にあたる柳裕也ら中日の若手投手陣について聞いた。

 プロの世界への復帰は、明大の練習を見に来ていた球団関係者に声をかけられたことがきっかけだった。

「明大のキャンプを見に来ていた球団の方に声をかけてもらいました。『歳を取っている割には元気だな』と思われたんだと思います。『ユニフォームを着る気はありますか』と言われて『あります』と即答しました」

 72歳という年齢だったが、体力的な心配は何もなかった。

「現役を引退してから、コーチをやっている期間が長かったので、体の心配はありませんでした。最初は館長の話はなかったのですが、それまで館長を務めていた明治の後輩が辞めるというので、館長も引き受けました」

人気記事ランキング