野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 揺れる米殿堂選手の投票基準 元選手が仰天告発「2人がステロイドを…」

揺れる米殿堂選手の投票基準 元選手が仰天告発「2人がステロイドを…」

先日、2017年度の米野球殿堂入り選手が発表され、ティム・レインズ(エクスポズ他)、ジェフ・バグウェル(アストロズ他)、イバン・ロドリゲス(レンジャーズ他)の選出が決まった。だが、栄誉あるクーパーズタウン行きを決めた3人のうちの2人が禁止薬物に手を染めていたという“告発”が物議を醸している。米FOXスポーツ電子版が報じている。

20170121_bagwell

ボンズとクレメンスは選外となるも、バグウェルとロドリゲスが選出

 先日、2017年度の米野球殿堂入り選手が発表され、ティム・レインズ(エクスポズ他)、ジェフ・バグウェル(アストロズ他)、イバン・ロドリゲス(レンジャーズ他)の選出が決まった。だが、栄誉あるクーパーズタウン行きを決めた3人のうちの2人が禁止薬物に手を染めていたという“告発”が物議を醸している。米FOXスポーツ電子版が報じている。

 名物コラムニストのケン・ローゼンタール記者は「殿堂投票者のステロイドを巡る戦いはボロボロに」というタイトルで、“ステロイド時代”にプレーした選手が候補者となり始めた近年の選考を振り返っている。

 そもそも同記者が記事を書くきっかけになったのは、今年の選考結果発表後にあった元メジャーリーガーとのショートメールのやりとりだという。元選手は「3人のうち2人がステロイドに手を染めていた。私にはこの選考プロセスが理解できない」と疑問を呈するメッセージを送ってきたそうだ。記事では「ステロイドに手を染めていた」と“告発”された2人について、バグウェルとロドリゲスだと指摘。「確定していないが(禁止薬物の)使用に関して疑問を抱く人は多い」とレポートされている。

 ローゼンタール氏は、同じく禁止薬物使用疑惑がつきまとっていたマイク・ピアザ(ドジャーズ他)が昨年殿堂入りを果たしたことで、「そういう(疑惑の)選手を排除することがより難しくなった」と返信。すると「OK、それではボンズとクレメンスはなぜ選出されなかったんだ? パッジ(ロドリゲスの愛称)が有資格1年目で選出? 狂ってないか?」と畳みかけてきたそうだ。

 メジャー史に残る名捕手と称されるロドリゲスだが、MVPと7度サイ・ヤング賞に輝いた名投手ロジャー・クレメンス、さらに史上最多本塁打を誇るバリー・ボンズよりも早く、有資格1年目で殿堂入りを決めたことに異議を唱える人も少なくないようだ。

人気記事ランキング