野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 侍最年長の青木宣親が“イチロー役”に名乗り 「聞かれれば助言もできる」

侍最年長の青木宣親が“イチロー役”に名乗り 「聞かれれば助言もできる」

3月に開幕する第4回WBCに侍ジャパンの一員として出場するアストロズ・青木宣親外野手が21日、都内でMLBジャパン主催の少年野球教室に参加。すでに発表済みのメンバー19人の中では、日本人メジャーリーガーとして唯一選出された35歳の最年長は侍のリーダー役に名乗りを上げた。

2度の世界一を経験「前回と決定的に違うのはメジャーの選手を知っていること」

 3月に開幕する第4回WBCに侍ジャパンの一員として出場するアストロズ・青木宣親外野手が21日、都内でMLBジャパン主催の少年野球教室に参加。すでに発表済みのメンバー19人の中では、日本人メジャーリーガーとして唯一選出された35歳の最年長は侍のリーダー役に名乗りを上げた。

「自分は2大会ぶりになるけど、若い時は必死に勢いでやるだけだった。そういう状況を作れるように、日本代表のために精一杯やるつもり。先輩たちから教わったことを伝えていきたい」

 そう語る言葉には、すでに自覚が漂う。2大会連続出場となった09年大会では、当時マリナーズのイチローがチームをけん引。精神的な支柱として世界一の立役者となった。今度は自分がチームを引っ張る立場となり「何か聞かれれば助言もできると思う」と青木。強みとなるのが、メジャーでの経験だろう。

「09年の前回と今回で決定的に違うのは、メジャーの選手を知っているということ。だいたいの選手は知っているし、何も知らなかった前回とは見方も違う。気になったことは、ほかの選手にも伝えていける」

 今大会、メジャー選手が各国の主力として多く出場しており、メジャー在籍5年間で実際に見聞きした情報を惜しみなく伝えていく。例えば、外国人選手特有の速くて動くボールへの対処法。「皆さん(報道陣)にはお伝えできないけど、選手には伝えますよ。いろんなメジャーの選手に(対処法を)聞いたりしたこともあるので。しっかりと自分に教えられることは教えたい」と語った。

人気記事ランキング