野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローは2024年に有資格1年目で殿堂へ!? 米記者が28年後まで大胆予想

イチローは2024年に有資格1年目で殿堂へ!? 米記者が28年後まで大胆予想

18日(日本時間19日)に今年度の米野球殿堂入り選手が発表されたことに伴い、米メディアでは未来の殿堂入り選手の“大予想大会”が行われている。米スポーツ専門局ESPN公式サイトでは、2045年度までの殿堂入り選手を大胆予想。この中でマーリンズのイチロー外野手は2024年に殿堂入りする、と予想されている。

20170121_ichiro

50歳まで現役宣言のイチローだが、2年後には現役引退と予測

 18日(日本時間19日)に今年度の米野球殿堂入り選手が発表されたことに伴い、米メディアでは未来の殿堂入り選手の“大予想大会”が行われている。来年度の予想から数年先までさまざまだが、なんと米スポーツ専門局ESPN公式サイトでは、2045年度までの殿堂入り選手を大胆予想している。この中でマーリンズのイチロー外野手は2024年に殿堂入りする、と予想されている。

 昨季はメジャー史上30人目となる通算3000安打という偉業を達成したイチロー。金字塔を打ち立てた当初から「将来の殿堂入りは間違いない」「有資格1年目で殿堂入り」と、さまざまな未来予想が飛び出していたが、今回の記事では殿堂入りする年を「2024年」と予測している。

 記事では「あと2年現役生活を続けて、有資格1年目で殿堂入り」という“根拠”を紹介。同じく2024年には、守備の名手として知られた内野手、オマー・ビスケル(インディアンス他)、カブスを108年ぶり世界一に導いたジョー・マドン監督の名前が挙がっている。

人気記事ランキング