野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 悲願のWBC初優勝狙う韓国代表、MLB公式サイトは「A組本命」と評価も…

悲願のWBC初優勝狙う韓国代表、MLB公式サイトは「A組本命」と評価も…

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で悲願の初優勝を目指す韓国代表。2006年はベスト4、09年は準優勝と成績を伸ばしたものの、前回大会ではまさかの1次ラウンド敗退に終わっただけに、今大会にかける意気込みは並々ならぬものがある。

前回は1次R敗退、今回もメジャー組の不参加が相次げば苦戦必死?

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で悲願の初優勝を目指す韓国代表。2006年はベスト4、09年は準優勝と成績を伸ばしたものの、前回大会ではまさかの1次ラウンド敗退に終わっただけに、今大会にかける意気込みは並々ならぬものがある。

 MLB公式サイトは、韓国代表の特集記事を掲載。不参加と報じられた秋信守外野手(レンジャーズ)、欠場が濃厚とされる金賢洙外野手(オリオールズ)がメンバー入りすることを前提としながら、「WBCにおける韓国の過去の成功と、ここ2年の元KBO選手らのMLBでの成功を受け、来たるクラシックでは誰も韓国チームから目が離すべきでない」と上々の評価を与えている。

 記事では、秋信守、金賢洙に加え、メジャー1年目で圧巻の成績を残した元阪神の呉昇桓投手(カージナルス)、マリナーズからFAとなった元ソフトバンクの李大浩内野手が現時点でロースターに含まれていると紹介。さらに、昨季のKBOで好成績を残した選手たちの名前も列挙し、「KBOとMLBのタレントを混合させたロースターによって、彼らは確実にまた勝ち進むことができる」としている。

 一方で、飲酒運転で交通事故を起こした後、現場から一時“逃走”するという不祥事を起こした姜正浩内野手(パイレーツ)について「フィールド外での問題により除名され、韓国チームには入らない見込みだ」と言及。軽率な行為で国内でも批判を浴びている韓国ナンバーワン打者が不在となったことを「遊撃手に予定されていた姜の喪失は、韓国にとって埋めるには大きな穴を作った」と伝えている。

人気記事ランキング