野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 青木宣親
  • 青木宣親が背番号3を選んだワケ 「先輩」松井稼頭央との意外な縁とは…

青木宣親が背番号3を選んだワケ 「先輩」松井稼頭央との意外な縁とは…

今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手が21日、新背番号「3」をサプライズ発表した。「多くのチームでプレーして、いろんな番号を着けていくうちに日本にいた時のような、こだわりはなくなった」というが、メジャー5球団目となる今回は、特別な思いが込められていたという。

20170121_aoki

「こだわりはなくなった」背番号、それでも迷わず「3」を選択

 今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手が21日、新背番号「3」をサプライズ発表した。青木といえば、ヤクルト時代に「23」と「1」を着け、メジャー移籍後は「1」「7」「8」とそれぞれのチームで着用。「多くのチームでプレーして、いろんな番号を着けていくうちに日本にいた時のような、こだわりはなくなった」というが、メジャー5球団目となる今回は、特別な思いが込められていたという。

「松井稼頭央さんがヒューストンで着けていた番号。大好きな先輩なので着けてみたいと思った。いい番号をもらったので、これを着て、ワールドシリーズで優勝できるように頑張りたい」

 都内で行われたMLBジャパン主催の野球教室で背番号入りのユニホームを手にした青木は第一声、こう言った。現在楽天に在籍する松井稼は04年から7シーズン、メジャーでプレーし、最後の3シーズン在籍していたアストロズで着けていたのが、背番号3。空き番号の中から迷わず、選択した。

 ただ、憧れがあっただけではない。理由があった。6歳年上の先輩との、意外にも深い縁だ。

人気記事ランキング