野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • なぜ投手に故障が多いのか MLB屈指の剛腕が考える「指導法の問題点」とは

なぜ投手に故障が多いのか MLB屈指の剛腕が考える「指導法の問題点」とは

メジャー屈指の剛腕が、子供の指導法に苦言を呈している。タイガースのサイ・ヤング賞右腕、ジャスティン・バーランダー投手が、自身のツイッターで「飛行機でふと思ったこと」と書き出し、こうつづった。「ピッチャーにこれほど怪我が多い理由の一つは、子供が速い球を思いっきり投げるように“教え込まれる”からじゃないか」

20170122_verlander

「肩は消耗品」の考え根付く米国、「これほど怪我が多い理由の一つは…」

 メジャー屈指の剛腕が、子供の指導法に苦言を呈している。タイガースのサイ・ヤング賞右腕、ジャスティン・バーランダー投手が、自身のツイッターで「飛行機でふと思ったこと」と書き出し、こうつづった。

「ピッチャーにこれほど怪我が多い理由の一つは、子供が速い球を思いっきり投げるように“教え込まれる”からじゃないか」

 2005年の入団以来、メジャーで12年プレーしている33歳は、怪我に苦しむ投手の多さに感じるものがあったようだ。自身も150キロ超の速球を投げ込む剛腕として鳴らしたが、長いキャリアで故障を経験した。2015年には右上腕三頭筋を痛め、キャリア初の故障者リスト入り。そこから見事復活を果たし、昨季は16勝9敗、防御率3.04でサイ・ヤング賞争いで2位に入った。

 かつては160キロを超える剛速球で押す投球スタイルだったが、最近は変化球とのコンビネーションを多用し、パワーピッチャーから技巧派へモデルチェンジしている。

人気記事ランキング