野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

事故死した父のために―中日ドラ1柳裕也が目指す「勝てるピッチャー」

明大から中日にドラフト1位で入団した柳裕也投手。大学では川上憲伸投手(元中日)以来、19年ぶりに投手でキャプテンを務め、春秋リーグ戦、明治神宮大会の3冠に貢献。2年連続でメンバー入りした大学日本代表でも4年次にキャプテンを務め、2大会連続の日米大学選手権優勝に導いた。キャプテンシーを発揮し、チームを牽引してきた右腕に自身が考えるリーダー像、プロでの目標を聞いた。

20170116_yanagi

ケーキに顔埋めたことも…明大&大学代表では主将としてチーム統率

 明大から中日にドラフト1位で入団した柳裕也投手。大学では川上憲伸投手(元中日)以来、19年ぶりに投手でキャプテンを務め、春秋リーグ戦、明治神宮大会の3冠に貢献。2年連続でメンバー入りした大学日本代表でも4年次にキャプテンを務め、2大会連続の日米大学選手権優勝に導いた。キャプテンシーを発揮し、チームを牽引してきた右腕に自身が考えるリーダー像、プロでの目標を聞いた。

 大学日本代表のキャプテンとして、2大会連続18度目の優勝を飾った昨年7月の第40回日米大学選手権。「キャプテンだから」と立場におごらず、チームを良くしたいという純粋な思いから、チームのために動いた。まだ任命されていなかった6月の選考合宿初日、チーム全員の部屋を回って挨拶した。

「ジャパンに入るつもりでやっていたので、日本代表への思いは強かったですね。みんな部屋で素振りをしたり、コンビニに行ったりして時間があったので、その時にチーム全員の部屋を回りました。

 3年の時から選んでもらっていますが、先輩に話しかけてもらうと、すごくうれしかったんです。初めて代表に来る人は、そこで話しかけてもらうだけでも次の日、やりやすいんじゃないかと思いました。グラウンドでも、全員に話しかけるように心がけました」

 キャプテンに就任した7月の直前合宿が始まってすぐに開かれた楠本泰史内野手(東北福祉大3年)の誕生日パーティーでは、バースデーケーキに顔を埋めた。

「みんな硬かったんで。自分、やるしかないと思いました(笑)」

 そんなおどけた行動にも考えがあった。大役を務める上で、日本代表でも、大学のチーム内でも、キャプテンという雰囲気を出さないよう努めていた。

「『キャプテン』というと、後輩は身構えます。時にはふざけて、そういう雰囲気を出さないようにして、やる時はしっかりやろうと決めていました。後輩に怒るのは簡単ですが、それよりも同級生に言いづらいですけど、きついことを言えるように心がけていました」

人気記事ランキング