野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • なるか、史上初の“甲子園早慶戦”? 27日発表センバツ当落線で要注目

なるか、史上初の“甲子園早慶戦”? 27日発表センバツ当落線で要注目

第89回センバツ高校野球大会の出場32校は27日に日本高野連から発表される。選手にとっても、ファンにとっても、待ち遠しい運命の日。今年、最も当落が注目されている学校の一つが、慶応(神奈川)だ。

20161020_kiyomiya

カギ握る慶応の出場可否、8年ぶり甲子園早慶そろい踏みなるか

 第89回センバツ高校野球大会の出場32校は27日に日本高野連から発表される。昨秋の秋季大会の成績をもとに21世紀枠3校を含め、32校が選出される。地方大会を勝ち抜けば出場権を得られる夏とは違って、文字通り「選抜」される春は当落線上で悲喜こもごものドラマが起こる。選手にとっても、ファンにとっても、待ち遠しい運命の日。今年、最も当落が注目されている学校の一つが、慶応(神奈川)だ。

 慶応が該当する関東から出場は最大5枠。通常の4枠に加え、1枠の東京と合わせた「関東・東京」からもう1校、出場枠が与えられる。慶応は昨秋の関東大会8強。関東4枠は同大会4強進出校が当確で、昨秋の東京大会2位の日大三と「関東・東京」の最後の1枠を争う構図と予想される。

 もし、出場権を獲得した場合、大きな話題を呼びそうなのが「早慶同時出場」である。

 早実(東京)が昨秋の東京大会で優勝。4年ぶりのセンバツ出場に当確ランプをともした。そして、慶応が8年ぶりの出場を果たせば、当時以来の「早慶同時出場」となるわけだ。

 言わずと知れた早稲田大学、慶応大学系の高校。プロ野球より長い歴史を誇る東京六大学では、ライバルとして大学野球の聖地・神宮でしのぎを削る。学校を挙げた一大イベントとなる「華の早慶戦」は毎年のように3万人を動員。その“弟分”たちが、高校野球の聖地・甲子園に同時出場となれば、なんとも夢のある話だ。

人気記事ランキング