野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 台湾は主力不在も「13年の成功再現」? WBCで韓国など破り2次R進出なるか

台湾は主力不在も「13年の成功再現」? WBCで韓国など破り2次R進出なるか

3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、韓国、オランダ、イスラエルとともに1次ラウンドA組(韓国)に入った台湾代表。前回大会(2013年)では2次ラウンド進出を果たしたが、今大会は選手の招集に苦しんでいる様子だ。

20170123_yang

前回大会では1次R突破、チェン&王建民は不在の見込みで「障害を抱えている」も…

 3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、韓国、オランダ、イスラエルとともに1次ラウンドA組(韓国)に入った台湾代表。前回大会(2013年)では2次ラウンド進出を果たしたが、今大会は選手の招集に苦しんでいる様子だ。MLB公式サイトも「いくつかの大きな障害を抱えている」と分析。それでも、自力はあるだけに、「13年の成功を再現するだろう」と予想している。

 元ヤンキースの王建民投手がエースに君臨した2013年の台湾代表は、母国開催の1次ラウンドでオランダ、オーストラリアに勝利した。韓国には敗れたものの、2勝1敗の三つ巴で当該チーム同士の対戦における得失点率で1位となり、オランダとともに2次ラウンドに進出。第2回大会(2009年)準優勝の韓国を敗退に追いやった。2次ラウンドでは日本と延長10回の死闘を演じたが、3-4で敗戦。キューバにも0-14で完敗し、準決勝進出はならなかった。

 MLB公式サイトは「チャイニーズ・タイペイは13年の成功を再現するだろう」と前向きなタイトルで記事を掲載。しかし、展望の中では「韓国での試合前に、同国はいくつかの大きな障害を抱えている」として「エースや将来有望なスラッガーが不在である。チャイニーズ・タイペイが2次ラウンドに進出するには、チーム一丸となる必要がある」と分析している。

「いくつかの大きな障害」とは何か。まず、マーリンズの陳偉殷(チェン・ウェイン)投手、元ヤンキースの王建民(ワン・チェンミン)投手は参加しない見込みだという。元中日の左腕チェンは昨夏に左肘を負傷しており、9月にロイヤルズから自由契約となった36歳の右腕・王建民は、今季もメジャーでプレーするために自身のトレーニングに集中することになりそう。大黒柱となるべき2人の不在は大きな痛手だ。

人気記事ランキング