野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンの投手陣決定、守護神は誰に? 松井、平野、牧田、それとも…

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシックで世界一奪還を目指す侍ジャパン日本代表27選手が24日に発表された。抑えは実績十分で滑りやすいWBC公式球に慣れた上原、田沢らが有力候補に挙がっていたが、可能性は消滅。国内組の中でやりくりすることになった。

小久保監督は日替わり起用を示唆「状態がいい選手を使う方向」

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシックで世界一奪還を目指す侍ジャパン日本代表27選手が24日に発表された。

 日本人メジャーリーガーはアストロズ・青木宣親外野手のみ。ヤンキース・田中将大、レンジャーズ・ダルビッシュ有、カブス・上原浩治、マーリンズ・田沢純一ら、メジャー投手陣の招集は見送られた。抑えは実績十分で滑りやすいWBC公式球に慣れた上原、田沢らが有力候補に挙がっていたが、可能性は消滅。国内組の中でやりくりすることになった。

 会見に臨んだ小久保監督は、気になる守護神問題について「経験でいくと平野(佳寿)と松井(裕樹)ということになると思うんですけど、その時の状態がいい投手を使うという方向でいくと思います」と話し、日替わり、もしくは大会期間中に状態のいい選手を守護神として固定する“2009年方式”を示唆した。その中で守護神として抜擢される可能性があるのは誰かーー。

 まず、監督に経験を認められているのが、楽天・松井裕樹投手だ。抑え2年目の昨季は2年連続大台超えとなる30セーブをマーク。縦の大きなスライダーを武器に62回1/3で75三振を奪うなど決め球のキレ味は十分。それでも昨年の世界野球プレミア12では2点リードの9回無死満塁という厳しい状況から救援し、押し出し四球を献上した。まだ若い左腕には酷な場面だったとはいえ、プレミア12では4試合救援で1勝1セーブ、防御率6.00。今大会直前の実戦でいかに不安を払拭するかが鍵となりそうだ。

 滑り込みで代表入りしたオリックスの平野佳寿投手も実績を買われている1人。14年に40セーブを挙げてセーブ王に輝くと、昨季はチーム戦績が伸びない中で4勝4敗30セーブ、防御率1.92と安定した投球を見せた。通算127セーブは代表最多を誇り、経験と実績を考え合わせても、守護神抜擢の可能性は高い。

人気記事ランキング