野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 昨季タイトルホルダーも…WBC侍ジャパン入りしていない主な選手は?

昨季タイトルホルダーも…WBC侍ジャパン入りしていない主な選手は?

24日に3月のワールド・ベースボール・クラシックに臨む侍ジャパン日本代表27選手が発表された。辞退者が1名出たため、28人目の選手は決まり次第発表となる。

20170124_nomura

WBC出場の「侍ジャパン」27選手が決定、残るは1選手

 24日に3月のワールド・ベースボール・クラシックに臨む侍ジャパン日本代表27選手が発表された。辞退者が1名出たため、28人目の選手は決まり次第発表となる。

 昨年12月までに発表されていた日本ハム・大谷翔平ら19選手に加え、この日はソフトバンク・千賀滉大、ロッテ・石川歩、楽天・松井裕樹、オリックス・平野佳寿、阪神・藤浪晋太郎、中日・岡田俊哉の6投手、巨人・小林誠司捕手、中日・平田良介外野手の計8選手のメンバー入りが決定。2大会ぶりの世界一を目指す登録メンバーがほぼ出そろった。メンバー入りの可能性がある選手は残り1人となったが、ここまでは昨季リーグのタイトルホルダーに輝きながらもWBC代表入りしていない選手も多くいる。それぞれの選手を見てみたい。

 まずはセ・リーグ。広島・野村祐輔投手は昨季、自己最多の16勝(3敗)、勝率.842で最多勝、最高勝率のリーグ投手タイトル2冠、ベストナインに輝いた。昨年11月のメキシコ・オランダとの強化試合で代表入りしたが、先発した11日のメキシコ戦(東京ドーム)では4回を投げて3被弾を含む5安打3失点。打線の援護で勝ち星をつかんだものの、今回はメンバー外となっている。

 昨季37セーブを挙げて、自身初タイトルとなるセーブ王に輝いた巨人・澤村拓一投手は13年の第3回大会、15年の欧州代表との強化試合、世界野球プレミア12でも代表入りしていたが、今回はメンバー入りしていない。その他、新人王の阪神・高山俊外野手、ベストナインに選ばれた選手では広島の石原慶幸捕手、新井貴浩内野手、丸佳浩外野手、巨人の村田修一内野手が27選手の中には入らなかった。

人気記事ランキング