野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • イチローがマリナーズ1位、日本人4選手に“特別賞”…MLB各球団史上最高FA契約

イチローがマリナーズ1位、日本人4選手に“特別賞”…MLB各球団史上最高FA契約

MLB公式サイトで全30球団の史上最高のFA契約を特集する企画が行われ、マリナーズでイチロー外野手が選出されている。また、ドジャースで野茂英雄投手、ヤンキースで松井秀喜外野手、レッドソックスで上原浩治投手、レイズで岩村明憲内野手がそれぞれ“特別賞”に選出され、各球団の公式サイトで特集記事が掲載されている。

20160125_ichiro

MLB公式サイト特集、メジャー各球団の“史上最高FA契約”選出

 MLB公式サイトで全30球団の史上最高のFA契約を特集する企画が行われ、マリナーズでイチロー外野手が選出されている。また、ドジャースで野茂英雄投手、ヤンキースで松井秀喜外野手、レッドソックスで上原浩治投手、レイズで岩村明憲内野手がそれぞれ“特別賞”に選出され、各球団の公式サイトで特集記事が掲載されている。

 MLB公式サイトではこのほど30人の番記者が各球団の歴史を振り返り、球団ごとに史上最も素晴らしいFA契約選手を選出する企画を実施。その際、契約は複数年、契約延長を含まない、MLB全球団が入札可能な状況だった、などの条件をつけ、各球団の史上NO1のFA選手を選出している。

 この特集でマリナーズの史上最高に選ばれているのがイチローだ。

 昨季マーリンズで史上30人目の3000安打を達成したベテランは今年でメジャー17年目を迎える。そんな43歳について、マリナーズ公式サイトの特集記事ではこれまでの功績を称賛。2001年にオリックスからポスティングを経て移籍したこと、当時の入札額が1300万ドル強(現在のレートで約14億7000万円)、契約が3年1400万ドル(約15億8000万円)だったことなどに触れ、「フリーエージェントにおいて、シアトルは偉大な成功を収めたことがなかった。2700万ドル(約30億5000万円)の投資で、アメイジングな利益を得た」とレポートしている。

 イチローは渡米直後に周囲から懐疑的な視線を浴びながらも、1年目でリーグ最多の242安打を放ち、首位打者(.350)と盗塁王(56)を獲得。新人王とMVPをダブル受賞した。この年から10年連続でシーズン200安打とゴールドグラブ賞受賞、オールスター出場を達成。04年にはメジャー歴代最多記録となるシーズン262安打を放った。ここまで走攻守で際立ったプレーを見せ、通算2500試合に出場。9689打数3030安打、打率.313、114本塁打、760打点、508盗塁の成績を収めている。

人気記事ランキング