野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 東西怪物、6番目のイス、部員10人の悲願…27日選抜出場校発表の注目は?

東西怪物、6番目のイス、部員10人の悲願…27日選抜出場校発表の注目は?

第89回センバツ高校野球大会の出場校が27日、発表される。秋季大会の結果を重要な参考資料として、出場できるのは一般選考枠28校、21世紀枠3校に明治神宮大会枠1校を加えた計32校。果たして、球春到来を告げる聖地の土を踏む学校はどこになるのか。出場校発表のポイントをまとめた。

「東の清宮、西の安田」の競演は決定的、関東・東京ラスト1枠はどこに?

 第89回センバツ高校野球大会の出場校が27日、発表される。秋季大会の結果を重要な参考資料として、出場できるのは一般選考枠28校、21世紀枠3校に明治神宮大会枠1校を加えた計32校。果たして、球春到来を告げる聖地の土を踏む学校はどこになるのか。出場校発表のポイントをまとめた。

 最も注目を集めるのが、東西スラッガーの両雄そろい踏みだ。

 今秋ドラフト目玉候補の清宮幸太郎内野手(2年)を擁する早実(東京)は東京大会を制して明治神宮大会で準優勝し、出場は当確。4強入りした1年夏の甲子園で2本のホームランを放つなど「清宮フィーバー」を沸き起こした怪物にとって、3季ぶりの聖地帰還が叶いそうだ。

 その早実を明治神宮大会決勝で破ったのが、同じく今秋のドラフトで1位候補とされる安田尚憲内野手(2年)を擁する履正社(大阪)だ。こちらも近畿大会を制して日本一に駆け上がり、出場は決定的。「東の清宮、西の安田」とスカウトから注目され、高校通算本塁打は78本、45本と量産している怪物の競演が見られるだろう。

 毎年、悲喜こもごものドラマが起こる当落線上では関東・東京の「6番目のイス」に注目だ。

 関東4枠、東京1枠に加え、関東・東京地区から合わせて1校の出場権が与えられる。関東4枠は同大会4強校の作新学院(栃木)、東海大市原望洋(千葉)、健大高崎、前橋育英(ともに群馬)の4校が有力で、東京1枠は上述の通り、早実が当確。関東大会8強で同5番手と目される慶応(神奈川)と東京大会準Vで同2番手と目される日大三(東京)の争いとなりそう。

人気記事ランキング