野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

前田健太のWBC不参加はドジャースにとって“朗報”? 地元メディアが報じる

3月6日に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、先日24日に野球日本代表「侍ジャパン」のメンバー27人が発表された。小久保裕紀監督は、残る1選手は「野手になると思う」と明言。これで日本人メジャー投手は1人も参加しないことが決まった。

今季2年目の前田、第4回WBC不参加を地元メディア報じる

 3月6日に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、先日24日に野球日本代表「侍ジャパン」のメンバー27人が発表された。小久保裕紀監督は、残る1選手は「野手になると思う」と明言。これで日本人メジャー投手は1人も参加しないことが決まった。

WBC出場選手決定の侍ジャパン 世界一奪還へ、「小久保ジャパン」はどう戦うのか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 これを受けて、米スポーツサイト「ドジャーブルー」も「ケンタ・マエダは2017WBC日本代表に含まれず」とリポート。昨年12月のウインターミーティングでは、ドジャースを率いるデーブ・ロバーツ監督が前田が日本代表で投げたいならチームはサポートすると発言したことに触れつつ、右腕がWBCに参戦しない事実を伝えている。

 記事によれば、今季2年目を迎える前田は、今オフは球団から今季のパフォーマンス向上を目指し、「筋量をアップするトレーニングプログラム」を渡されているそうだ。ただし、これは「球団が前田のルーキーイヤーに満足していないというわけではない」という。昨季開幕前は肩肘の健康を懸念されていたが、開幕からローテーションを守り抜き、32試合に先発し、16勝11敗、防御率3.48の成績で、ナ・リーグ新人王争いで3位になっていた。

人気記事ランキング