野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 早実・清宮、センバツ決定に安堵 「球場のみ込む野球」で王さん以来のV狙う

早実・清宮、センバツ決定に安堵 「球場のみ込む野球」で王さん以来のV狙う

第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。今秋ドラフト目玉候補の主将・清宮幸太郎内野手(2年)にとっては3季ぶりの甲子園出場。発表を受けて会見の臨んだ清宮は「もちろん、優勝です」と目標を掲げ、王貞治さん(現ソフトバンク会長)を擁した1957年以来となる60年ぶりのセンバツVを誓った。

20170127_kiyomiya2

4年ぶり21度目出場を決めた早実、清宮狙うは「もちろん優勝」

 第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。今秋ドラフト目玉候補の主将・清宮幸太郎内野手(2年)にとっては3季ぶりの甲子園出場。発表を受けて会見の臨んだ清宮は「もちろん、優勝です」と目標を掲げ、王貞治さん(現ソフトバンク会長)を擁した1957年以来となる60年ぶりのセンバツVを誓った。

「秋の決勝が終わってから、いろいろ報道があって『センバツが確実だ』と言われていましたし、自分もそのつもりでいました。今日という日を迎えて、校長先生から報告を受けるまで少し緊張しました。試合の時より違う緊張があったけど、今はほっとした気持ちです」

 36社93人の報道時が集まった会見。清宮は安堵で声を弾ませた。2015年の夏、 1年生で聖地の舞台に立ち、通算19打数9安打、打率.474で2本塁打、8打点をマーク。チームの4強入りに貢献した。自身にとってはそれ以来の甲子園となる。

「どの球場にもない雰囲気。小さいころから夢見てきた場所。自分の持ってる力以上を出させてくれる場所。球が遅く見えたりした。また、いい結果が残せるようにしたい」と当時を振り返り、「自分が入ってからの早稲田実業の強みは、出ている選手や野球部員だけじゃなく、応援している全員で球場の雰囲気を変え、のみこんでいく野球が持ち味。そういう野球をまた甲子園でできるように頑張りたい」とフィーバー再現を見据えた。

人気記事ランキング