野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「奥深さ」に気付いた人も 野球の見方を変えるスコアシート

シーズン中は「パ・リーグTV」の中枢として稼動しているパ・リーグデジタルメディアセンター。シーズンオフのある日、この場所に15人のゲストがそれぞれのテーブルに座った。画面では昨シーズンの試合映像、そして手にはペンを持ち、スコアシートに打撃結果を記入する……。

新聞記者による「野球スコアの書き方」講座開催、その意図は?

 シーズン中は「パ・リーグTV」の中枢として稼動しているパ・リーグデジタルメディアセンター。シーズンオフのある日、この場所に15人のゲストがそれぞれのテーブルに座った。画面では昨シーズンの試合映像、そして手にはペンを持ち、スコアシートに打撃結果を記入する……。

 1月20日、「パ・リーグTV」を運営するパシフィックリーグマーケティング(PLM)主催で「スポーツ新聞記者に教わる野球スコアの書き方セミナー」が開催された。今回、講師役となったのは日刊スポーツ新聞社の平井勉氏、森田久志氏、斎藤直樹氏の3氏。いずれも野球担当記者として取材経験豊富なプロフェッショナルであり、試合取材時にスコアを書くのは仕事上欠かせない。

 今回のスコアセミナーはどういう経緯で開催されたのか。企画したPLMの上野友輔氏はこう説明する。

「パ・リーグTVが運営するファン初心者向けのtwitterアカウント『パ・リーグTV Lite』(@ptv_lite)でスコアの書き方をツイートした際、すごく反応がありました。そこで『初心者向けにスコアの付け方を教わるイベントを開催したら面白そう』と考え、日刊スポーツさんのご協力を得て実現しました。野球ファンになりたての人がスコアの書き方を学ぶと、野球の見方が大きく変わると思います」

 参加者の募集をかけたところ、定員15人に対して応募者は417人。選ばれた15人の中には宮城県から「大学に行って野球部のマネージャーをやりたい」という理由で応募した女性もいた。

人気記事ランキング