野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

近年の小久保ジャパン“皆勤組”も…WBCメンバー入りしなかった主な選手は

3月開幕の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」28選手が出揃った。最後の1人が28日に発表され、広島の田中広輔内野手が追加招集された。

武田、中村晃、山崎康…近年の小久保ジャパン“皆勤組”も

 3月開幕の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」28選手が出揃った。最後の1人が28日に発表され、広島の田中広輔内野手が追加招集された。

WBC出場選手決定の侍ジャパン 世界一奪還へ、「小久保ジャパン」はどう戦うのか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 中田翔内野手(日本ハム)、筒香嘉智外野手(DeNA)、山田哲人内野手(ヤクルト)、大谷翔平投手(日本ハム)らこれまで主軸を担ってきた選手が招集される一方、近年、小久保ジャパンの常連となりながらメンバー外となった選手もいる。

 15年に行われた同年の国際大会「プレミア12」以降、昨年3月、11月の強化試合にすべて“皆勤”で選ばれながら、今回名前がなかったのは山崎康晃投手(DeNA)、武田翔太投手、中村晃外野手(ともにソフトバンク、中村の11月強化試合は追加登録)の3選手で、おなじみの顔ぶれはメンバー外となった。

 また「プレミア12」選出メンバーでは、同大会で4番に座ることもあった中村剛也内野手(西武)のほか、川端慎吾内野手、中村悠平捕手(ともにヤクルト)、今宮健太内野手(ソフトバンク)、炭谷銀仁朗捕手(西武)、投手では澤村拓一投手(巨人)、西勇輝投手(オリックス)、大野雄大投手(中日)、小川泰弘投手(ヤクルト)も今回はメンバー入りしなかった。

 昨年の強化試合に目を移すと、3月に選出された大瀬良大地投手(広島)、西野勇士投手、清田育宏外野手(ともにロッテ)、最終メンバー発表前最後の11月の強化試合で小久保監督から「期待する投手」として挙げられていた田口麗斗投手(巨人)、石田健大投手(DeNA)のほか、中崎翔太投手(広島、強化試合辞退)もWBCはメンバー外となった。

人気記事ランキング