野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ロッテ「広報カメラ」仕掛け人が撮り始めたワケ 最多再生回誇る映像は…

ロッテ「広報カメラ」仕掛け人が撮り始めたワケ 最多再生回誇る映像は…

開幕戦試合前のロッカールーム、試合前の円陣風景、ブルペンでの投球練習、ドラフト会議で佐々木千隼投手の交渉権を獲得し、控え室で喜ぶスカウト陣……。試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。

「広報カメラ」仕掛け人に聞く、「舞台裏」撮り始めたワケとは

 開幕戦試合前のロッカールーム、試合前の円陣風景、ブルペンでの投球練習、ドラフト会議で佐々木千隼投手の交渉権を獲得し、控え室で喜ぶスカウト陣……。

 試合中継やスポーツニュースではなかなか見られない場面や選手の一面を映し出しているのが、千葉ロッテ公式YouTubeチャンネルのコンテンツ「広報カメラ」だ。この広報カメラで自ら企画・撮影しているのが球団広報の梶原紀章氏。スポーツ紙の記者から2005年に球団広報へ転身し、「カジさん」の愛称で選手、チームスタッフから慕われている。

「広報カメラ」がスタートしたのは、球団が公式YouTubeチャンネルを開設した翌年の2014年。始まったきっかけはYouTubeの普及だった。

「近年、スマートフォンやタブレットPCの普及もあって、YouTubeで動画を見るのが当たり前の社会になっています。YouTubeに試合中継では見られない動画をアップして、千葉ロッテや野球について好きになってもらいたいなと思いました。もう一つは2013年に伊東勤監督が就任した際、『MLBのようにロッカールームを開放しよう』というアイデアが出たんです。でもロッカールームの狭さなどもあって断念しました。その時に私が代表してロッカールームに入ってカメラを回し、舞台裏を披露する形もアリかなと思い付きました」

 公式YouTubeチャンネルを開設した初年度は、試験的な意味で球団キャラクターの動画を中心に配信。その後、検証・調査を経て、選手に密着した映像を撮り始めた。しかし、始まった当初は選手たちの反応は決して芳しいものではなかった。梶原氏が振り返る。

人気記事ランキング