野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元燕バーネット、今季はレンジャーズNO1の防御率? 米データサイトが算出

元燕バーネット、今季はレンジャーズNO1の防御率? 米データサイトが算出

レンジャーズのトニー・バーネット投手は昨季、上々のメジャーデビューを飾った。ヤクルトから移籍し、53試合に登板して7勝3敗15ホールド、防御率2.09と好成績をマーク。60回1/3を投げて49奪三振16四球と安定感を見せ、レンジャーズのブルペンに欠かせない存在となった。

20170129_barnette

昨季は安定感抜群の投球でレンジャーズに欠かせない存在に

 レンジャーズのトニー・バーネット投手は昨季、上々のメジャーデビューを飾った。ヤクルトから移籍し、53試合に登板して7勝3敗15ホールド、防御率2.09と好成績をマーク。60回1/3を投げて49奪三振16四球と安定感を見せ、レンジャーズのブルペンに欠かせない存在となった。

 野球専門の米データサイト「ファングラフス」は、予測システム「ZiPSプロジェクションズ」 によるレンジャーズの2017年成績予測を掲載し、バーネットがチーム最高の防御率を記録すると算出している。

「ZiPSプロジェクションズ」 は、実際よりもやや“抑えめ”の数字を予測することがほとんどで、バーネットについては今季47試合に登板するとしている。49イニングを投げて、45奪三振16四球5被弾。そして、19失点(自責18)で防御率は3.31と算出。これは、セットアッパーのマット・ブッシュ(3.44)、クローザーのサム・ダイソン(3.45)よりも良く、チームでNO1の数字だ。

 ヤクルトに入団する前の2009年まではマイナーでのプレー経験しかなかったバーネットは、日本で経験を積み、6年目の2015年には守護神として獅子奮迅の活躍を見せた。59試合に登板して、3勝1敗41セーブ、防御率1.29の好成績で14年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献。オフには、ヤクルトに恩返しをしたいとの思いからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を目指したが、契約がまとまらずに自由契約となってレンジャーズと2年契約を結んだ。

人気記事ランキング