野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 殿堂入り左腕が53歳で見せた打撃が話題に ホームラン予告→特大“シングル”

殿堂入り左腕が53歳で見せた打撃が話題に ホームラン予告→特大“シングル”

現役時代に通算303勝(166敗)を挙げ、2015年に米国野球殿堂入りを果たした名投手、ランディ・ジョンソン氏が53歳で見せた「打撃」が米国で話題となっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「ランディ・ジョンソンは南カリフォルニア大OB戦で本塁打を予告し、『あと一歩』の一打を放った」と伝えた。

20170130_johnson

通算4875奪三振の左腕が大学OB戦で「『あと一歩』の一打」

 現役時代に通算303勝(166敗)を挙げ、2015年に米国野球殿堂入りを果たした名投手、ランディ・ジョンソン氏が53歳で見せた「打撃」が米国で話題となっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「ランディ・ジョンソンは南カリフォルニア大OB戦で本塁打を予告し、『あと一歩』の一打を放った」と伝えた。

 記事ではまず、ジョンソン氏の投手としての偉大さを説明。そのキャリアについて「ランディ・ジョンソンのことでまず思い出すことは、彼のマウンド上での活躍だ。5度のサイ・ヤング賞に4875奪三振、彼が殿堂入り選手となった所以だ」と振り返っている。

 通算4875奪三振は、ノーラン・ライアン(5714)に次ぐメジャー歴代2位の数字。シーズン300奪三振を6回記録するなど、奪三振王に9度輝いている。マリナーズ時代の1995年に初のサイ・ヤング賞に輝くと、ダイヤモンドバックス時代には99~02年まで4年連続で同賞を受賞。09年限りで現役を引退すると、有資格1年目の2015年に97.3%の得票数で殿堂入りした。

「Cut4」では、ジョンソン氏の説明に続いて、「しかし、彼の投手としての活躍を振り返った時にあることを忘れてはいないだろうか」と指摘。「ビッグ・ユニット(ジョンソンの愛称)は打撃もできる」と続けている。

人気記事ランキング