野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 早実の怪物2人の運命を変えた、背番号1・斎藤佑樹の「あの夏」

早実の怪物2人の運命を変えた、背番号1・斎藤佑樹の「あの夏」

4年ぶり21度目の出場を決めた早実で注目の1年生4番・野村大樹内野手は「地元が関西。そこでやりたいと思っていたので、夢のようです」と自身初の聖地行きに胸を高鳴らせた。ここまで思いが深いのにはワケがある。兵庫・宝塚市出身。甲子園は幼少期から20~30回も観戦に訪れた場所だった。その中の一つに「あの夏」の激闘が含まれていたという。

20170127_kiyomiya3

2006年夏の甲子園決勝、スタンドで心奪われた2人の少年

 1月27日に行われた第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場校発表。4年ぶり21度目の出場を決めた早実で注目の1年生4番・野村大樹内野手は「地元が関西。そこでやりたいと思っていたので、夢のようです」と自身初の聖地行きに胸を高鳴らせた。ここまで思いが深いのにはワケがある。兵庫・宝塚市出身。甲子園は幼少期から20~30回も観戦に訪れた場所だった。その中の一つに「あの夏」の激闘が含まれていたという。

「斎藤佑樹さんが駒大苫小牧と戦った早実の試合も観に行っていました」

 野球ファンの記憶に深く刻まれているだろう伝説の試合。2006年夏の甲子園決勝、エース・斎藤を擁する早実は田中将大がいた駒大苫小牧と延長再試合の死闘を演じ、初優勝を果たした。2日間計24イニングで超満員の観衆を熱狂させた甲子園球場に、高校野球初観戦だった大樹少年がいた。当時5歳でも、激闘に心奪われた。

 そこから力をつけ、中学3年でU-15侍ジャパンの4番を務めるまでに成長。全国の強豪校から注目される逸材となった。進学の際は、あの夏に斎藤が胸に着け、躍動した「WASEDA」への憧れが、早実を志す理由となったという。

人気記事ランキング