野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • NY紙で専門家が絶賛 田中将大と名投手に共通点「1つの次元で収まらない」

NY紙で専門家が絶賛 田中将大と名投手に共通点「1つの次元で収まらない」

ヤンキース移籍3年にして、エースとしての立場を確立した田中将大投手。昨年は初めてシーズンを通して先発ローテーションを守り、31試合に登板した。199回2/3を投げ、14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.08をマーク。4年目の今季は、日本人投手初のサイ・ヤング賞受賞にも期待がかかる。

20161217_tanaka

ムッシーナ氏と比較する特集記事を掲載、「ある時は技巧派、ある時はパワーピッチャー」

 ヤンキース移籍3年にして、エースとしての立場を確立した田中将大投手。昨年は初めてシーズンを通して先発ローテーションを守り、31試合に登板した。199回2/3を投げ、14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.08をマーク。4年目の今季は、日本人投手初のサイ・ヤング賞受賞にも期待がかかる。

ムードメーカー松田が呼んだWBC初戦勝利 4安打4打点1盗塁とフル回転(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ニューヨークの地元紙「デイリーニュース」では、かつてヤンキースの先発ローテーションを支えた名投手で、現在は米国野球殿堂入りの候補になっているマイク・ムッシーナ氏と田中を比較する特集記事を掲載。2人の共通点を挙げている。

 記事ではまず、田中の「素晴らしさ」として「しっかり自身のことを見つめた上でマウンドに立てるということだ」と指摘。その日の調子、それぞれの球種の状態を把握した上で、ゲームを組み立てるという能力に長けた右腕について「ヤンキースのエースはある時は、90マイル前半(140キロ台後半)の直球を軸とし、またある時は三振を奪うスプリットと鋭いスライダーを駆使する。つまるところ、彼はその日の自身の調子に基づいた投球ができるのである」と絶賛している。

 田中は昨季31試合登板で14勝4敗という結果だったが、開幕直後は好投しながらも白星がつかないという試合も多かった。味方打線の援護や、ブルペンの救援失敗がなければ、もっと多くの勝ち星がついていた可能性が高い。ただ、同紙は田中の先発時にヤンキースが23勝8敗という高い勝率を誇っていたことに言及。通算75先発で勝率.709(39勝16敗)という高い勝率を誇ることも紹介している。

人気記事ランキング