野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 今季メジャーを盛り上げる5大ライバル関係 日本人所属4球団の名前も

今季メジャーを盛り上げる5大ライバル関係 日本人所属4球団の名前も

日本では巨人vs阪神に代表される伝統の一戦、長く続くライバル関係があるが、それはメジャーでも同じ。日本の倍を超える30球団もあれば、新旧問わずさまざまなライバル関係があるものだ。MLB公式サイトでは「2017年MLB5大ライバル関係」と題した特集記事を組み、今季抑えておくべき注目のライバル関係を5つピックアップ。その中には、ダルビッシュ有投手擁するレンジャーズと、今季から青木宣親外野手が加わったアストロズの「テキサス対決」も含まれていた。

20170201_darvishaoki

第2位にダルビッシュvs青木の“テキサス対決”

 日本では巨人vs阪神に代表される伝統の一戦、長く続くライバル関係があるが、それはメジャーでも同じ。日本の倍を超える30球団もあれば、新旧問わずさまざまなライバル関係があるものだ。MLB公式サイトでは「2017年MLB5大ライバル関係」と題した特集記事を組み、今季抑えておくべき注目のライバル関係を5つピックアップ。その中には、ダルビッシュ有投手擁するレンジャーズと、今季から青木宣親外野手が加わったアストロズの「テキサス対決」も含まれていた。

 ア・リーグ西地区の覇を競うレンジャーズvsアストロズは2位にランクイン。同じテキサス州に拠点を置く2チームの対戦は、テキサス州旗のデザインにちなみ「ローンスター(一つ星)シリーズ」と呼ばれている。最近数年は両軍共にチーム力が安定し、地理的な条件に加えて、地区首位を争う意味でもライバルとなった。2015シーズンはアストロズが139日間も首位を保ちながら、最後の2週間でレンジャーズが逆転。昨季は直接対決でレンジャーズが15勝4敗と大きく勝ち越したが、記事によれば全19試合のうち14試合が2点差以内の接戦だったという。

 米データサイト「ファングラフス」の今季予想ではアストロズが90勝で地区優勝することになっているが、記事では「今オフは攻撃力アップに注力していたが、投手力はまだ解決されていない問題」と指摘。右のエースとしてダルビッシュを抱えるレンジャーズと、青木を新戦力として迎えたアストロズは、どんな名勝負を繰り広げてくれるのか。日本のファンをも巻き込んだライバル関係が期待できそうだ。

 その他、5位にはア・リーグ東地区のブルージェイズvsオリオールズが挙がっている。今オフFAだった強打者バティスタの去就を巡り、オリオールズのデュケット強化担当責任者が「ファンが彼のことを好きじゃないから」と獲得の可能性を否定。昨季ワイルドカードゲームで両軍が対戦した際、バティスタが本塁打を放った後のリアクションについて、オリオールズのショウォルター監督が苦言を呈した背景もあり、対戦時には緊張感が漂う可能性は高い。

人気記事ランキング