野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • メジャー本塁打王のNPB入りはあるのか? MLB球団とも交渉中、米紙レポート

メジャー本塁打王のNPB入りはあるのか? MLB球団とも交渉中、米紙レポート

米国内でNPB球団との契約の可能性が報じられた昨季メジャー本塁打王、クリス・カーター内野手(ブルワーズFA)について地元紙がMLB球団との交渉状況をレポートしている。地元紙「タンパ・ベイ・タイムズ」電子版が報じている。

20170201_carter

日本行きの可能性を報じられた昨季41発のカーター

 米国内でNPB球団との契約の可能性が報じられた昨季メジャー本塁打王、クリス・カーター内野手(ブルワーズFA)について地元紙がMLB球団との交渉状況をレポートしている。地元紙「タンパ・ベイ・タイムズ」電子版が報じている。

 30歳の強打者はメジャーで7シーズン目を迎えた昨季、打率.222、41本塁打、94打点をマークし、自身初の本塁打王に輝いた。本塁打だけでなく94打点、76四球もキャリア最多だったが、206三振は自身2度目のリーグワーストだった。

 オフにフリーエージェントとなり、ここまで去就が決まっていない30歳について、米スポーツ専門局「FOX Sports」の名物記者ケン・ローゼンタール氏がこのほど、日本行きの可能性をレポート。同記者によると、カーターの代理人がNPB球団からオファーがあることを認め、「どこかで真剣に考えないと。向こう(日本)も戦力が固まりつつあるから」と話したという。2015年終了後も日本の球団からオファーがあったが、1年250万ドル(約2億8200万円)でブルワーズと契約した経緯も報じている。

人気記事ランキング