野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

欲しいのは「自信、安心感」 松坂大輔、初日に良化の兆しも「手応えまだ」

各地で各球団がキャンプインした2月1日。ソフトバンクの注目の1つは、右肩手術からの復活を目指す松坂大輔が、いかなるキャンプ初日を過ごし、昨季とどんな変化を見せてくれるか、だった。

今年こそ復活? キャンプ初日の右腕、投球フォームに明らかな変化

 各地で各球団がキャンプインした2月1日。ソフトバンクの注目の1つは、右肩手術からの復活を目指す松坂大輔が、いかなるキャンプ初日を過ごし、昨季とどんな変化を見せてくれるか、だった。

 練習前に行われた円陣。ここで、その日ブルペン入りする選手は投手コーチにその旨を伝えることになっている。キャンプイン初日、そのメンバーの中に松坂大輔の名前はなかった。

 キャッチボールを終え、ロッカールームへと引き上げる選手たち。着替えを終えると、1番乗りの攝津正に続き、次々に投手たちはブルペンへと歩みを進めた。遅れること数分、着替えを終えた背番号18も、駆け足でブルペンへと向かった。

「最初はどうしようかな、と思っていましたけど、キャッチボールで問題なければ(ブルペンに)入りますとコーチには伝えていました」。キャッチボールを行い、自らの状態を確認。問題はないと判断し、ブルペン入りを決めたのだという。

 そのブルペン。まずはセットポジションで29球。「ストレートを投げるための作業」という変化球も交えながら、ボールを投げ込んだ。30球目からはノーワインドアップでの投球に切り替えた。元来、ワインドアップで投げてきた右腕だが、オフに参戦したプエルトリコのウインターリーグ中にこれに挑戦。好感触を得たことから、現在も継続して取り組んでいる。そこから30球。計59球を投じ、初日の投球練習を終えた。

 この日の投球で見えた、松坂の変化がある。ワインドアップからノーワインドアップへの切り替えだけではない。投球フォームの重心が昨季よりも明らかに下がっていた。

人気記事ランキング