野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス新助っ人、パワー見せつけるも…外国人枠埋まれば厳しい状況に?

驚きのパワーを披露した。ダイヤモンドバックスからソフトバンクに加入したカイル・ジェンセン内野手(29)だ。キャンプ初日のフリー打撃では計58スイングで9本をスタンドへと放り込んだ。まだ初日。体調も万全ではないであろう中、左中間最深部やセンターバックスクリーンへの打球も飛ばし、マイナー通算178本塁打の前評判に違わぬ破壊力を見せつけた。

クリーンアップ候補として獲得も…デスパイネを獲得したら立ち位置はどうなる?

 驚きのパワーを披露した。ダイヤモンドバックスからソフトバンクに加入したカイル・ジェンセン内野手(29)だ。キャンプ初日のフリー打撃では計58スイングで9本をスタンドへと放り込んだ。まだ初日。体調も万全ではないであろう中、左中間最深部やセンターバックスクリーンへの打球も飛ばし、マイナー通算178本塁打の前評判に違わぬ破壊力を見せつけた。

 昨季は、マリナーズに移籍した李大浩が抜けた穴を埋めきれず、一発不足に悩まされたソフトバンク。その穴を埋めるクリーンアップ候補として獲得したのが、ジェンセンだった。

 だが、果たして起用はどうなるのだろうか。現時点ではまだ正式発表されていないが、前ロッテのアルフレド・デスパイネの獲得が確実とされている。実際に、現在カリビアンシリーズ出場のため、母国キューバにいるデスパイネは、現地メディアでソフトバンク入りを示唆する発言をしている。デスパイネが加入した場合、ジェンセンの立ち位置はどうなるだろうか。

 ソフトバンクには既に主力クラスの外国人が顔を揃えている。先発ローテ入りが確実でWBCオランダ代表にも選出されているリック・バンデンハーク投手、そして絶対的守護神のデニス・サファテ投手、昨季加入してセットアッパーの地位を確立したロベルト・スアレス投手の3人だ。

人気記事ランキング